みんなふり返る!? アメリカンコッカースパニエルの素敵トリミング


アメリカンコッカースパニエルはくるくる巻き毛のたれ耳と長い毛がとてもきれいな犬です。

ディズニー映画のわんわん物語の主人公といえば誰でも知っていますね。

犬の中でも特にトリミングの映える犬ではないでしょうか。

トリミングによってさまざまなスタイルを楽しむことができます。

一緒に街を歩けばみんながきっとふり返る、アメリカンコッカースパニエルの素敵トリミングをご紹介します。

アメリカンコッカースパニエル の基本情報

アメリカンコッカースパニエルはアメリカ生まれの中型犬になります。

日本では、小型犬が飼いやすく人気をキープしていますが、アメリカンコッカースパニエルは一度飼ったら、アメリカンコッカースパニエルじゃなきゃイヤ!!となるくらい、虜になってしまう魅力を持っている犬種なのです。

元猟犬だったこともあり、集中力と学習能力が高いということと、何よりも平和主義な気質なので、誰とでも仲良くでき、常に人を楽しませようとポジティブな性格を持っています。

また、ディズニーの名作のモデルになるくらいのルックスを持ち合わせています。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:11~13kg
  • 体高:36~38cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:単色、パーティーカラー、トライカラー、など20種類以上の毛色の組み合わせあり
  • 平均寿命:15歳
  • 価格相場:13万円~(血統の良さ、スタンダードに近いルックス、珍しい毛色などの条件により50万円を超えることがある)

アメリカンコッカースパニエル は比較的丈夫な犬種といわれています。

ただ、食べるのが大好きだという個体が多く、太りやすい傾向があるので注意が必要になります。

また、被毛がダブルコートの長毛種なので、換毛期の抜け毛対策が必須なのと、定期的なトリミングが必要になります。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • 遊ぶことと食べることが大好き
  • 家族が大好きで常に一緒にいたがる
  • 人懐こくフレンドリー
  • 寂しがり屋で留守番が苦手
  • 警戒心がほとんどない
  • 物覚えが良く、集中力がある
アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.

アメリカンコッカースパニエルは他の犬種に比べ、とても人懐こくフレンドリーな性格を持っています。

そのため、子供がいる家庭でも安心して飼えることが多く、場合により、アメリカンコッカースパニエルが子供の遊び相手になるということがあります。

家族が笑っていることを幸せと感じるのか、常に家族の中心にいて、周りを笑顔にしようとポジティブでいてくれるのがアメリカンコッカースパニエルになります。

ただ、家族を好きすぎるあまり、お留守番が得意ではありません。

頻繁に留守番をさせてしまうと、ストレスで体調を崩すこともありますので、少しずつ留守番に慣らすなど工夫が必要になるかもしれません。

アメリカンコッカースパニエルのトリミングあれこれ

アメリカンコッカースパニエルの被毛は二枚毛のダブルコートのため毛量が多く、毛質は細くて絹のようになめらかです。

美しい被毛を保つためには定期的なトリミングは欠かせません。

アメリカンコッカースパニエルの美しい被毛が映えるトリミングにはどんなものがあるのでしょう。

スタンダード(シヨークリップ)

アメリカンコッカースパニエルの基本スタイルといわれているものです。

顔、首、背中にバリカンをあて刈り込み、残りを床につくほどに伸ばしきれいに切りそろえます。

まるでドレスを着ているような優雅な姿になります。

主にドッグショーに出るときのためのトリミングです。

このスタイルを維持するためには毎日のていねいなお手入れは欠かせません。

ペットカット(ペットクリップ)

ドックショーなどには出さない家庭犬のためのスタイルです。

アメリカンコッカースパニエルの被毛はとても細く絡まりやすいので、短くカットすると毎日のお手入れも簡単になります。

耳やお腹、足元など、お好みにあわせて短くカットしてあげましょう。

くるくる巻き毛を生かしたショートカットや、夏のサマーカットもかわいいですし、個性を出したい時にはモヒカン頭にすることもできます。

素敵なトリミングにグルーミングは必須!

おしゃれなトリミングが映えるアメリカンコッカースパニエルですが、そのスタイルを少しでも長く保つためには毎日のグルーミングは欠かせません。

アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.海

毛玉をとる

ダブルコートのアメリカンコッカースパニエルは毛質が柔らかく細いため、からまりやすくすぐに毛玉になってしまいます。

毛玉はピンブラシで少しずつほぐしながらとっていきましょう。

ピンブラシは地肌に強く当てないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です