パグの毛色の種類とレアカラーを紹介!!


パグの基本情報

パグは大変個性的な顔の持ち主で、そのクシャッとした可愛さと、単純な仕草であってもいちいち可愛い振る舞いをするので、そんなパグを知ってしまったら、パグ以外は飼えない!という熱烈なファンを持ちます。

ちなみに、ジャパンケネルクラブの犬種別犬籍登録頭数(2017.1〜12)のデータでは、パグは4,778頭で13位という順位になっています。

パグの身体的特徴

  • 原産地:中国
  • 大きさ:小型犬
  • 体重:6〜8kg
  • 体高:25〜28cm
  • 被毛:ダブルコートの短毛
  • 毛色:シルバー、フォーン、アプリコット、ブラック(レア色:ホワイト)
  • 平均寿命:12〜15歳

パグは小型犬ではありますが、大変骨格がガッチリとしていて筋肉質なのが特徴になります。

見た目は胴長短足で、肩幅と腰幅がしっかりしていることが望ましい体型になります。

またパグのしっぽはダブルカールが理想的で、右巻き・左巻きは個体によって違いがあります。

そして、パグのようなペチャ顔の犬は、皮膚にシワがよっています。

このシワの間に皮脂や汚れが溜まりやすく、臭いの原因になるので、頻繁にシワのお手入れをしてあげることが必要です。

パグの性格・気質

  • 平和主義
  • 愛嬌がある
  • 賢い
  • 頑固
  • 喜怒哀楽が明快
  • 素直
  • 社交的
  • プライドが高い
  • 警戒心はあまりない
  • 食べ物への集中力は誰にも負けない
  • 家族が大好き

パグの性格の最大の特徴は穏やかで、滅多に攻撃的になることがないというところでしょう。

他の犬にしつこくされたり、子供に触られて嫌な思いをしたりしても、滅多に「ウー」と唸ったり怒ったりすることがありません。

どちらかというと、静かにその場を去ってしまうことが多く、大変平和を守り抜きます。

ただし、自分が嬉しくて楽しくて大興奮の時は、周りが見えなくなり、辺り構わず突進してくることがあるので注意が必要です。

また、食べ物が大好きなパグが多く、食べ物が相手だとどこまでもしつこく、ゲットできるまで諦めない根性を見せます。

そんなお茶目なパグですが、大変賢いので、しつけに苦労するということはあまりありません。

ただ頑固なところがあり、自分が間違っていないと信じている時は、一切人の言うことを聞かなくなることがあります。

そして、叱られることが大嫌いなので、叱られるとかなり長時間拗ねてしまうので、しつけの時はアメと鞭をうまくコントロールすることが必要です。

パグの毛色は何種類?

パグの毛色は、JKC(ジャパン・ケネル・クラブ)で4色の毛色が認められています。

映画やアニメでよく見かける定番色のフォーンの他に、ブラック、アプリッコット、シルバーの4色です。

トレース(背筋のライン)のブラックのラインや、マスクのコントラストがはっきりしています。

マズルやマスク、耳、頬の上のほくろ、サム・マーク(足の斑)、前頭部のダイヤモンド、トレースは黒いほど良いとされているそうです。

それぞれの毛色の特徴を紹介していきます。

フォーン

パグ

日本で最も多く見られる毛色で、薄茶色の毛色に、顔と耳、トレースが黒い代表的なパグの毛色です。

映画やアニメのキャラクターとして使われるパグもこの定番色の毛色のパグがほとんどで、定番であり一番の人気色です。

フォーンの毛色は大変優しいイメージの色で、フワッとした雰囲気にクチャっとした顔が絶妙で、パグ自身の性格とも合い、パグといったらフォーンという定番の人気色になります。

ブラック

パグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です