パグの毛色の種類とレアカラーを紹介!!


フォーンの次に見かけることがある黒パグです。

黒パグは100年ほど前に新しく交配して作り出された毛色です。

フォーンと比べても毛並みが滑らかで光沢があります。

大変人気のある毛色ではありますが、交配が難しいためややレアカラーなのです。

また、体温調整が難しいパグですが、黒パグの場合、光を吸収しやすく体温調整がより難しくなります。

熱中症になる可能性も上がりますので気を付ける必要がある毛色です。

アプリコット

以前では日本でも見かけることがあったカラーです。

オレンジがかった茶色の毛色で、トイプードルのアプリコットに似た毛色です。

全体の毛色はアプリコットですが、口周りや耳はブラックになります。

フォーンと並べば色の違いは明らかですが、単体だと僅かにフォーンより色が濃いかな?という程度の差になります。

現在ではほとんど見かけることがなくなったレアカラーです。

シルバー

最も希少なカラーです。

グレーがかった毛色で光の反射でシルバーのようにきらきらしているように見えるとても美しい毛色です。

フォーンのパグはフワッとした雰囲気で、まさに「可愛い」という言葉がピッタリですが、シルバーの場合、そこにプラス気品が漂うくらい、被毛に品があります。

稀にホワイトのパグと間違えられることがありますが、ホワイトとは別のカラーになります。

また、ホワイトのパグはジャパンケネルクラブにて認められていませんが、シルバーの毛色は認められています。

アメリカで交配されていますがアメリカでも希少カラーとして扱われています。

日本で見かけることはほぼないでしょう。

一生のうちで見られたらラッキーかもしれません。

レアカラーのパグが欲しい!注意することは?

定番フォーンのパグももちろん可愛いけど、チャンスがあるならあまり見かけない、レアカラーのパグを飼ってみたいと思うことがありますよね。

ただ、レアカラーと言われるだけあって、まず探すことが簡単ではありません。

では、とにかく毛色だけにこだわり、購入してしまって大丈夫でしょうか?

パグ

きちんとしたブリーダーから迎えましょう!

レアカラーのパグは、毛色が珍しいというだけで、フォーンのパグよりも価格が高くなる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です