パグの噛み癖には原因別に対策しよう!!


パグの噛み癖

パグは見た目通り、あごの力がとても強いです。
その為、噛むことが好きなため、噛み癖がつく可能性が高いでしょう。
その噛み癖に対処しておかないと、成犬になると更に噛む力が強くなります。
パグが誤飲してしまったり、人に向けて噛む場合などはケガをする心配も出てきます。
そうならないために、パグの噛み癖にはしっかり向き合っていく必要があります。

噛み癖の原因と対策方法

パグの噛み癖の原因とそれぞれの対策方法についてまとめてみました。

子犬の頃の歯の生え変わりによる噛み癖

生後3カ月~半年頃にかけて歯の生え変わりがあります。
この時期は、口の中に痒みや違和感を感じる為、甘噛みなどをして痒みを発散させます。

この原因からの噛み癖には対処は特に不要です。
噛んでも良い安全なおもちゃなどを与えて痒みを発散させてあげるようにしましょう。

遊びの延長

遊んでいる時に、手を軽く噛んでくる噛み癖などです。
噛む力が強いパグは、甘噛みでありながらも軽い痛みを感じるでしょう。
子犬から成長するにつれ自然に減ってくる場合もありますが、甘噛みをやめない場合は対処しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です