パグの噛み癖には原因別に対策しよう!!


噛まれたら、できるだけ低い声で「痛い!!」など単発的な言葉を言い放ち、遊ぶのを中断しその場を離れましょう。
噛むと遊んでもらえないということを理解してくるようになります。

ストレス発散や退屈しのぎ

ストレス発散や退屈しのぎのため、物を破壊する噛み癖です。
誤飲の可能性もあり危険ですので、運動やスキンシップを取るなどをしてストレスの発散をさせてあげましょう。

噛むことが好きなパグは退屈しのぎで物を噛むことも多いでしょう。
しかし、パグにとって噛んでいいもの、噛んではいけないものの違いは分かりません。
そのため、基本的には噛んではいけないものは、飼い主が責任もって片づけておくようにしましょう。
家具などの片づけられないものを噛む場合には、「だめ!!」と言い放ち、少しの時間ゲージに閉じ込めてゲージの中で大人しくなれば出してあげます。
ゲージから出たがって鳴いたりしている時に出してしまうと、鳴けば出られると勘違いしてしまいますので必ず大人しくなってから出すようにしましょう。

怒りや攻撃・恐怖

この噛み癖は、人のように話すことのできない犬がとる意思表示であり本能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です