パグのおやつはいつから与えるのがベスト?


パグにおやつを与えることのメリットとデメリット

本来犬が必要な栄養は食事のみで摂取するのが理想とされており、おやつは必要がないものです。
それでもおやつには、冒頭でも述べたしつけのご褒美としてや、コミュニケーションの手段として活躍するといったメリットがあります。
社会化期では、知らない人におやつを与えてもらったりすると知らない人に慣れやすくなり、人見知りすることがなくなるようなメリットもあります。

しかし、おやつなしでは指示を聞かなくなる可能性や、一般的なおやつは嗜好性が高くドッグフードを食べたがらなくなることなどのデメリットも存在します。

そういったデメリットは、正しいタイミングと与え方をすることでデメリットを防ぐことができます。
例えばしつけのご褒美として与えるおやつは褒めることを重点に置く、むやみにおやつを与えないなどです。

パグのおやつはいつから?

生後3~4カ月頃の子犬は、消化器官が未熟でドッグフードをぬるま湯でふやかしたものを1日3回与えているかと思います。
この時期では、パグにおやつは必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です