パグとの主従関係の重要性とは?


主従関係とは?

主従関係とは、「主人」と「従者」の関係のことを指します。
圧力のある言葉と感じる人も多いでしょう。
実際に以前までの人と犬の関係は、「人と飼い犬」と考える人が多かったのが事実で、犬は狩りなどで使うために従うようにしつけられていました。
しかし最近では、「犬は家族の一員」と考える人が増え、犬との主従関係も違ったものになってきました。
「主従関係=信頼関係」と考えられています。

パグのリーダーになりましょう!!

犬の祖先であるオオカミは群れで暮らし、群れの中にはリーダーが存在します。
リーダーには主導権があり、仲間を危険から守る責任を担っています。

そして人と犬が一緒に暮らすには、人がリーダーとなることが大切です。
人の世界には危険もあり、その危険からパグを守ってあげる必要があるのです。
例えば散歩中、パグが興奮して道路に飛び出しそうになったりした時、飼い主がリーダーとなっていれば「待て」などの指示に従うことができ、危険から守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です