パグとの主従関係の重要性とは?


また、トイレのしつけや、無駄吠えや噛み癖などのしつけにもリーダーとなっておけば、しつけがスムーズなものになり、公共の場でのルールを守ったり近所迷惑を防ぐことができます。

現代の犬との主従関係とは、パグを危険から守る意味と、人と共存する上でのルールを守るという意味があります。
その為には、飼い主がリーダーになる必要があるのです。

信頼される飼い主になるために

「主従関係=信頼関係」を築くためにはどうすればよいのでしょうか。

一貫性のある対応をしましょう

気分によって犬に対する態度を変えないようにしましょう。

愛情を持った対応をしましょう

オオカミの世界でもリーダーは仲間の面倒を見ています。
頼れる存在であると同時に慕われてもいるのです。
愛情を持って褒めたり優しくしてあげましょう。

犬のことを理解しましょう

犬の体質や気質を理解しておくことで、適切な対応ができるようになります。

愛情と甘やかすことの違いを理解しましょう

愛情を持って接することと、甘やかすことは全くの別物です。
甘やかすことで言うことを聞かないわがままパグになってしまいます。
愛情と甘やかすことのメリハリをつけて接しましょう。

仰向けにさせる・マズルコントロール

犬がこの行為を許すのは、服従しているというサインです。
遊びながら仰向けにさせたり、撫でてあげながらマズルを触ることから初めましょう。
しかし、どちらも犬が嫌がる行為です。
無理やり行うのはやめましょう。
しかし、仰向けやマズルコントロールに慣れさせておくことは、歯磨きや爪切りなどのケアをする時にも役立ちます。

まとめ

犬のしつけは人と犬が暮らす上で重要なものです。
しかし、そのしつけも「主従関係=信頼関係」なしでは成り立ちません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です