年齢別で見るパグの平均的なサイズ


パグの平均的なサイズとは?

パグは成犬時、体高がおおよそ25~28cm、体重6~8kgの小型犬に分類されます。

チワワやミニチュアダックスフンドなどの小型犬と比べても体重が重く、体は筋肉質で重心が重いのが特徴です。

年齢別で見るパグの平均体重

犬は通常生後12カ月頃までかけて成長し成犬になります。

産まれた時は170~180g前後、生後3カ月では2.3kg前後まで成長し、生後4カ月で3.5kg、生後6カ月の時点では、すでに一般的な小型犬の体重5.2kgになります。
その後も少しずつ成長を続け、生後7カ月5.9kg以降緩やかに増加していきます。
生後8カ月で6.2kg、生後10カ月で6.5kgとなり、生後12カ月で6.7kg前後にまで成長していき、この頃には成犬として扱われます。

成長には個体差がある

前述で述べた体重推移はあくまでも目安です。
成長には個体差があるので、自分の家のパグが小さすぎるまたは大きすぎるからと言って、大袈裟に心配する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です