運動不足解消!愛犬が喜ぶお家遊び!


まだまだ衰えを見せてくれないコロナウイルス ですが、みなさんはどう過ごされていますか?

思うように自由がきかず、ストレスが溜まってモヤモヤしているのは、人間だけではありません。今までのように、満足いく散歩やドッグランなどに行けず、みなさんの愛犬たちは運動不足になっていませんか?

運動不足になってしまうと、健康上さまざまな問題も起きて来てしまいます。

大切な愛犬をこういう緊急事態でも、ちゃんと守ってあげたいですよね?

今回はそんな室内で過ごす愛犬たちをストレスから救い、楽しく運動不足解消できる工夫をご紹介いたします。

ぜひ参考になさってください。

愛犬が運動不足になるとどうなる?

まず、犬は運動不足になるとどうなると思いますか?

体力的・精神的、どちらにも影響が出てくるのです。

まず、体力的な影響としては、

  • 筋肉低下
  • 太りやすくなる
  • 心臓に負荷がかかる

などがあり、

精神的な影響として、

  • 意気消沈
  • 怒りやすくなる
  • 食欲がなくなるまたは、食欲過多になる

等があります。

体力的な影響からいいますと、運動不足から筋肉低下すると、関節も同時に動かしづらくなってしまいます。

それが更に進むと、関節痛などにつながります。

また、一定の運動量が少ないことで、カロリーを消費しないので基礎代謝も減り、太りやすくもなります。

太ることで更に関節に負荷がかかったり、心臓にも負荷がかかってきます。

そして人間同様、太り過ぎは糖尿病になる確率が高くなってしまいます。

精神的な影響としては、犬も人同様、思い切りストレス発散できないことで、モヤモヤとストレスが溜まり続け、やがて犬自身でそういったストレスをうまく消化できなくなり、いたずらに走ったり、すぐ怒って吠えたりする問題行動が起きたりします。

逆に犬の性格によっては、極端に塞ぎ込んでしまう個体もあります。

いずれにしても、運動不足が慢性的に続いてしまうと、愛犬の健康上いいとはいえず、いろんな心配が出てきます。

イングリッシュコッカースパニエル

せっかく家にいるのだから、しつけトレーニングを極める!

愛犬も飼い主さんも、ただただ家にいては怠けてしまいますね。

普段は忙しくしていて、愛犬のしつけはトイレやお手、おすわりができるからいっか~となっていませんか?

それでもいいのですが…

どうぜ時間があるのなら、それらの「できること」をパワーアップさせてはみませんか?

例えば、おすわりをしたまま、今度は待てを教えてみるだとか…

愛犬たちは、飼い主さんと一緒に何かをすることを大変好みます。

ただ1日中しつけのトレーニングでは、愛犬の集中力は続きませんので、1日10~15分など時間を決めて、新しいことを一緒に覚える時間にしませんか?

または、出来ているつもりになっている基本的なしつけをもう1回復習するのでもいいですよね。

どちらにしても、愛犬は張り切って飼い主さんとトレーニングに参加するでしょう。

しつけトレーニングを通じて、改めて愛犬との絆を深めることができます。

小型犬限定 自宅のバスタブで簡易プールで運動不足解消

中型~大型犬には難しい提案ですが…

小型犬の場合、自宅のバスタブをプールにすることができます。

泳がせるように、少し深めにしても良し、歩けるように浅めにするも良しです。

バスタブの中に、水遊び用のおもちゃを準備して遊ぶのもいいかもしれません。

散歩の時に使う筋肉とは違う筋肉を使い、有酸素運動にもなるので、運動不足解消には最適な方法になります。