愛犬と一緒に楽しめる犬関連のイベント情報 2020.08月/西日本編


2020年8月の犬関連のイベント情報/西日本

8月犬関連イベント① 「犬祭ぷちin土岐(大阪府)」

「ナツノ、ヨサンポ」をテーマに開催されるマルシェイベントです。
会場は緑豊かな土岐の丘にあるお出かけスポット「テラスゲート土岐/まちゆい敷地内」です。
屋外での開催となりますが屋根が付いているので急な雨でも安心です。
ペットグッズの販売や飲食など、6日間にかけて開催されます。

詳細
  • 開催日時:2020年8月1(土)2(日),15(土),16(日),29(土),30(日)16:00~21:00
  • 入場料:無料
  • 住所:岐阜県土岐市土岐ヶ丘4-5-3
  • 駐車場:有り
  • ホームページ: 「犬祭ぷちin土岐」

8月犬関連イベント② 「わんこ*フェスタ(大阪府)」

ハウススタジオ「わんこ*ぷらネット」の20周年記念イベントが近隣にあるインドアドッグラン併設のMOMOカフェで開催されます。

わんこグッズなどの出店ブースに喫茶スペース、さらに室内ドッグランは当日無料開放。

スタジオのイベントということもありもちろん撮影もしてもらえて、撮影費データ1カット付き税込1,500円/頭という20周年感謝価格で愛犬のとっておきの写真を撮ってもらうことができますよ。

他、ドッグスキャンやドッグダンス発表会、愛犬健康長生きセミナーなども行われる予定です。

詳細
  • 開催日時:2020年8月2日(日)11:00~17:00
  • 入場料:1人500円(ワンちゃん&小学生以下無料/ワンドリンク付)
  • 住所:大阪府東大阪市鳥居町8-3   MOMOカフェ
  • 駐車場:有り
  • ホームページ: 「わんこ*フェスタ」

8月犬関連イベント③ 「ナツドッグ2020in長崎伊王島(長崎県)」

昨年開催され好評であったNightDogFestival「ナツドッグ」が今年も開催されます。

南国の雰囲気が涼しさを装うリゾート地伊王島で2回目の開催。
犬グッズやオーナーグッズの販売に、コンテストなどの催し物も開催されます。

熱中症が心配される8月の開催となりますが、比較的過ごしやすい夕方以降からの開催に加えて、大型のミスト機器も設置されるので安心ですね。

詳細
  • 開催日時:2020年8月8日(土)〜8月9日(日) 16:00-21:30
  • 入場料:無料
  • 住所:長崎県長崎市伊王島町1丁目 伊王島ふれあい広場
  • 駐車場:有り
  • ホームページ: 「ナツドッグ2020in長崎伊王島」

8月犬関連イベント④ 「アミティエフェスタ(鳥取県)」

鳥取県倉吉市にある動物愛護施設で行われているイベントです。

保護犬・保護猫たちの新しい家族を探すための譲渡会に合わせ、しつけ教室やペット無料相談、テラスカフェなどが開催されています。
敷地内にはドッグランも併設されているため、愛犬を遊ばせてあげることもできますよ。

今回は、新型コロナウイルスの感染状況から猫のふれあいは中止に、三密を避けるために本館入場者数の制限が行われているのでご参加される際は注意しておきましょう。

詳細
  • 開催日時:2020年8月23日(日)AM 10:00~12:00
  • 入場料:無料
  • 住所:鳥取県倉吉市下福田706-127
  • 駐車場:有り
  • ホームページ: 「アミティエフェスタ」

愛犬とイベントへおでかけ 注意点

注意点① リード着用は必須

犬のイベントだからと言って、愛犬をドッグランのように自由にさせていいというわけではありません。
必ず首輪とリードを着用し飼い主の横に付いて歩かせるようにしましょう。

また、ロングリード・フレキシリードのフリー歩行も周囲の人を巻き込んでしまう危険性があるためNGです。
注意しておきましょう。

注意点② 人混みではカートやキャリーin。もしくは抱っこ

イベントによっては人が通行するのも困難なほど混雑することがあります。
そんな人混みで地面に近い位置にいる犬は人の視界に入りづらく、踏まれたり蹴られたりしてしまう危険性があります。

買い物や催しに夢中になって足元にいる犬に気を配れないことも多くなってくるでしょう。

そんな危険から愛犬を守ってあげるためにも、人混みではカートやキャリーに入れる、もしくは抱っこするようにしましょう。
キャリーや抱っこが難しい中型~大型犬の場合には、人混みを避けるようにした方が良いでしょう。

また、カートやキャリーに入れる場合には、誤って落ちてしまわないための飛び出し防止フックも忘れずつけておきましょうね。

注意点③ トイレマナーを守ろう

犬のイベントでは、犬用トイレが設置されていることが多いです。
屋外で開催されるイベントであったとしても、会場内では指定された場所で排泄させるようにしましょう。

万が一、トイレ以外の場所で粗相をしてしまった場合には、飼い主さんが責任を持って処理をしてゴミは持ち帰るようにしましょう。