性格が決まる!?マルチーズの社会化期について


マルチーズの社会化期の時期と重要性

通常犬の社会化期は、生後4週齢~13週齢と言われています。
この時期に、外の環境から刺激を受けて、好奇心を見せるようになり学習意欲を見せ始めます。
その後13週齢~ 12カ月齢頃までが第二の社会化期と言われています。
体の成長に伴い運動能力も発達し、環境に適応していくことを学んでいく時期です。
この2つの時期を意識して社会に適応させていきましょう。

本来犬は、社会化期には母犬や兄弟たちと過ごし、犬同士のルールを身に付けます。
悪いことをすれば母犬に注意され、兄弟げんかをして噛まれることの痛さを知り噛む力を学んでいきます。
しかし実際には、重要な社会化期にすでに母犬や兄弟と離されていて、ペットショップなどで過ごし無知の状態のまま飼い犬として迎えられることが多いのです。
そのため、飼い主がマナーをしつけ、外の環境にも慣れさせておく必要があります。

社会化期にすべきこととは?

子犬を迎えて家庭の環境に慣れてある程度落ち着けば、少しずつ外の世界に連れ出して行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です