マルチーズの社会化不足で起こる問題とは?


可愛い子には旅をさせよ!!マルチーズの社会化期とは?

犬は生後4週齢~13週齢頃までの期間を社会化期と言われており、この時期に外の世界に好奇心を示し学習意欲を見せ始めます。
その後13週齢~12カ月齢までが第2の社会化期と呼ばれ、環境に適応していくことを学んでいきます。

本来、社会化期は母犬や兄弟と過ごす中で、悪いことをすれば母犬に叱られ、兄弟とじゃれ合う中で噛まれることの痛さを知り、事の良し悪しやルールを学びます。
しかしこの期間にはすでに犬家族とは離れ、新しい家族と過ごしているので、私たち飼い主が事の良し悪しからルールやマナーを教えていく必要があるのです。

家の外へ積極的に連れ出して、家族以外の人や動物、外の空気や風、車の音や生活音などに慣れさせて色んなことを経験させておきましょう。

マルチーズの社会化不足で起こる問題とは?

社会化不足によって起こる問題行動はたくさんありますが、マルチーズに特に多いのが無駄吠えです。
警戒心が強いマルチーズが社会を知らずに育つと、家の中でも外から聞こえてくる音に反応して吠える、来客で吠える、散歩中に知らない人や動物に吠える、攻撃を仕掛けることだってあり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です