柴犬はドッグランで敬遠される!?柴犬とドッグランへ行く時の注意点


柴犬はドッグランで嫌われる!?

柴犬がドッグランで嫌われることがあると知って驚く人も多いのではないでしょうか?一見穏やかでおとなしく、愛嬌がある柴犬のどういうところが嫌われるのか不思議ですよね。
柴犬の中でも白柴が特に嫌われると言われています。

柴犬は「ワンマンドッグ」と言われるように、本来はあまり社交性がある犬種ではありません。
独りでも平気で過ごせる犬です。
すべての柴犬がドッグランへ行くことを嫌がるわけではありませんが、中には他の犬や飼い主たちがたくさんいる場所へ行くことを好まない柴犬も多くいます。
そういう犬をドッグランへ連れて行くとストレスになってしまい、最初は我慢していてもついには我慢しきれなくなって攻撃的になってしまうこともあるようです。
小型の犬から見ると、柴犬は結構大きく見えますし、とても怖いことでしょう。
大きなトラブルになってしまうこともありますので、特に小型犬の飼い主からは警戒されてしまうのでしょう。

柴犬をドッグランに連れて行くときの注意点

まず、犬ならドッグランが好きなはずという思い込みは捨ててしまいましょう。
犬の中にもドッグランが好きな犬もいれば好きではない犬もいます。
飼っている柴犬の気性をよく把握しておきましょう。
飼い主の指示に確実に従うように、しつけはしっかりと行っておきましょう。
散歩の時など、他の犬に会った時の反応を観察しておきましょう。
あまりにも飼っている柴犬に社交性が乏しいと感じた時は、ドッグランには行かないようにするほうが無難かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です