柴犬が中毒症状を起こしてしまうものとは?応急処置は?


身近な食べ物でも柴犬が中毒症状を起こすものがあることを知っておこう!

人間にはとても身近で、体に良いとされているものでも、犬にとってはそうでないものが非常に多いです。
中には意外なものも多いです。
犬が自分の体に悪いものを避けてくれれば良いのですが、飼い主がおいしそうに食べているものは欲しがる傾向が強いです。
油断していると盗み食いをしてしまって取り返しのつかないことになってしまうことも考えられます。
飼い主ができることは、犬が食べると中毒症状を起こしてしまうものをしっかりと把握して、犬に近づけないようにすることです。

人間がよく食べる物で犬が食べると中毒症状を起こす可能性が高いものの一部は、チョコレート、ネギ類、ナッツ類、ぶどう、アボカド、カフェインが含まれた飲み物、アルコール、キシリトールなどです。
中には意外なものもありますが、柴犬に手作りのごはんを作っている人は、これらの食品を入れないようにしてください。
人間用の食べ物を犬に食べさせてはいけないというのも、これらに該当するものが原材料として入っている可能性もあるからです。
これらのものは犬の届かないところに保管しておくようにしましょう。
また落として犬に食べられないように注意しましょう。

食べ物以外で柴犬の中毒症状に注意すべきものは?

犬が中毒を起こす可能性があるものは食物だけではありません。
日常に家にあるものの中にも危険性が高いものがあります。
まず人間が飲んでいる頭痛薬や風邪薬などの薬類。
人間が飲んでいるのを見た犬は、飼い主が何かを食べているという風に見えてしまいます。
薬が届く場所にあったら誤食してしまうかもしれません。
人間用の薬は当然犬が飲んでしまうと中毒症状を起こしてしまいますので、犬が目に付かない場所、届かない場所に保管しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です