柴犬を自分でトリミング!?柴犬のセルフカットの方法をご紹介


柴犬のトリミングに必要なもの

柴犬のお手入れに必要な道具と使い方を紹介します。

柴犬のトリミングに必要なもの① スリッカーブラシ

長方形に曲がったピンが植えこまれた金属製ブラシです。

抜け毛の多い柴犬には必須アイテムで、ブラッシングをする前の最初に行い抜け毛やゴミなどを取り除いたり、毛玉を解くときに使います。

力を入れすぎず毛を解かしましょう。

利き手に持ち、もう片方の手はブラシを当てる周りの皮膚を抑えましょう。

ほこりや抜け毛が絡んでいる場合、毛が引っ張られて柴犬に痛い思いをさせてしまうので、毛先から徐々に根本にかけてブラッシングしましょう。

柴犬のトリミングに必要なもの② コーム

細かい目と粗い目が半分ずつになったクシです。

スリッカーブラシの後に使うアイテムで、毛並みを整えるときに使います。

根元からゆっくり水平にコームを通すように使います。

もつれがある場合は、強引に通さず優しくほぐしながら横に割くようなイメージで通しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です