柴犬の相場金額はどれくらい?基準はなに?


柴犬の金額の基準とは?

柴犬の相場金額は、変動することが多いです。
その理由には、月年齢、性別、血統、種類、被毛カラー、季節などが影響しています。

通常子犬は、生後2カ月頃から販売されていて月年齢が若いほど高く、オスよりもメスの方が、金額が高い傾向にあります。
その後、成長に応じて金額が安くなります。

種類ではキツネ顔の「縄文柴」や、タヌキ顔の「新柴犬」、ほかにも正式的な血統ではありませんが「豆柴」と呼ばれる体が小さい柴犬に人気傾向にあり、毛色も赤・黒・白・胡麻色などの毛色に違いによっても金額に差があります。

そして柴犬は、季節によっても金額に違いがあります。
これは、出産時期の影響や需要による影響があり、3~5月が最も高くなり、11月頃から2月頃に安くなる傾向があります。

柴犬の金額とは?

それでは、平均的な柴犬の金額はどれくらいなのでしょうか。
毛色ごとに見ていきましょう。

相場金額は5~20万円です。
最も一般的な色なので比較的安価なことが多いです。

黒と白っぽい毛色で構成されていて、四ツ目と呼ばれるまろ眉のある黒柴。
相場金額は、10~18万円です。
人気が高い黒柴ですが赤柴ほど数が多くないため、やや高めの金額となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です