犬と一緒に電車に乗るときの注意点


犬と電車に乗るには?

犬と電車に乗るときには、乗る交通機関の、ペットの持ち込み規定を確認するようにします。

まず、東京の交通機関のルールをご紹介します。
それ以外の地域の規定はそれぞれ、インターネットでご確認ください。

東京の交通機関の規定

JR・小田急電鉄・東京メトロ・東急電鉄の規定

JRは全社共通しています。

長さ70cm以内、縦・横・高さの合計が90cmくらい。
重さ10kg以内

*京成電鉄、新京成電鉄、京急電鉄、東武鉄道、西武鉄道も同じルールになります。

都営地下鉄の規定

縦・横・高さの合計が250cm以内 重さ30kgまで

りんかい線の規定

長さ制限なし、縦・横・高さの合計が120cmまで 重さ20kg以内

京王電鉄の規定

長さ70cm以内、縦・横・高さ90cm以内 重さ30kgまで

JRやその他私鉄電車など、基本的にどの電車も犬と電車に乗ることは可能ですが、小型犬(体重が10kgまで)なことが多いです。

犬をキャリーバッグに慣れさせること

普段からキャリーバッグに入り、移動することに慣れさせるようにしましょう。

電車に乗るときになって、突然、キャリーバッグに入れて移動だと、犬もパニックになります。

普段から入ることに慣れておくと、いざ、電車に乗るときも、キャリーバッグの中は安全と認識しているので、パニックになることがなく、犬も必要以上にストレスを感じずに済みます。

犬用のカート(ペットバギー)で電車利用はNG

犬用のカート(ペットバギー)は、人でいうベビーカーのように車輪がついているものをいいます。

これは、飼い主にとっては移動が楽ではありますが、犬用のカート自体が規定のサイズオーバーになることが多いですし、場所を取る分、他の乗客の迷惑になることがあるので、おすすめはしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です