アメリカンコッカースパニエルの魅力


アメリカンコッカースパニエルの基本情報

アメリカンコッカースパニエルという犬種をご存知でしょうか?

体の大きさは中型犬に分類され、ディズニーアニメのキャラクターにもなったことがある、世界的に大変人気がある犬種になります。

比較的日本では、小型犬が飼いやすく、定番の人気となっていますが、このアメリカンコッカースパニエルは見た目のかわいさだけではなく、人懐こく、大変穏やかな性格をしているため、中型犬ではありますが、日本でも不動の人気を誇っています。

今回はそんな、アメリカンコッカースパニエルの魅力をご紹介していきます。

犬を飼いたいと思っている方は、アメリカンコッカースパニエルに会いにいきたくなるかもしれません。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:11~13kg
  • 体高:36~38cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:単色、パーティーカラー、トライカラー、など20種類以上の毛色の組み合わせあり
  • 平均寿命:15歳
  • 価格相場:13万円~(血統の良さやスタンダードに近い見た目、珍しい毛色などの条件により50万円を超えることがある)

アメリカンコッカースパニエルの特徴といえば、豊かな被毛にあります。

ダブルコートの長毛種ということもあり、抜け毛が多いので、お手入れには若干苦労はしますが、きれいにお手入れされたアメリカンコッカースパニエルは、誰もが振り返るほどの美しさを見せます。

体つきは、豊かな被毛に覆われていて見えづらさはありますが、実際は筋肉質でしっかりとした体つきをしています。

一般的にアメリカンコッカースパニエルは食べるのが大好きという個体が多く、太りやすいことが問題になることが多いので、食事管理をしっかりするようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • 遊ぶことが大好き
  • 人を喜ばせることに生きがいを感じる
  • 家族と一緒にいることが何よりも好き
  • 好奇心旺盛
  • 警戒心があまりない
  • 寂しがり屋なため、留守番は大の苦手
  • 物覚えがよく、集中力がある
  • 食べることが大好き

同じ犬種でも、性格は個体差がありますが、基本的にアメリカンコッカースパニエルは温厚な性格なことが多く、人懐こく、男女年齢関係なく、誰とでも仲良くできることが多い傾向があります。

そのため、小さな子供がいるご家庭でも安心して飼うことができ、アメリカンコッカースパニエル次第では、ベビシッター的な活躍をしてくれる個体もいます。

人懐こさが仇となり、警戒心があまりないことがあるので、番犬としての役目をなかなか果たせないことが多く、家族命のアメリカンコッカースパニエルは、留守番を大変嫌います。

頻繁な長時間の留守番で、ストレスが溜まり体調を崩したり、分離不安になったりすることがあるので、注意が必要になります。

アメリカンコッカースパニエルの魅力とは

日本では、かわいく飼いやすいという理由などから、小型犬が人気犬種の上位を占めています。

そんな中、ジャパンケネルクラブ2019年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数の順位では、中型犬でありながら、アメリカンコッカースパニエルは、数多くある犬種の中で25位という上位をキープしています。

それはなぜでしょうか。

小型犬にはない、アメリカンコッカースパニエルだけが持つ魅力があるからに他なりません。

アメリカンコッカースパニエルの良さを知ってしまうと、それ以外の犬種は考えられないというくらい、私たちを虜にしてしまうアメリカンコッカースパニエルの魅力について、今回はいろいろな角度からご紹介していきます。

アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.

賢く、感受性が豊か

ずっと長い歴史の中で人と生活し、特に、共に鳥猟を手伝っていたこともあるからでしょうか。

アイコンタクトを取るのが上手く、人が教えることを覚えるのが早いんです。

そして長く一緒にいると、何も言わなくてもその場の空気を読めるくらい感受性が強いです。

飼い主さんと絆が深まってくると、もっと理解しようと、飼い主さんの言葉に耳を傾け、行動を見て一生懸命理解しようとします。

嬉しいときは、一緒に上機嫌で騒ぎ、飼い主さんが悲しく落ち込むときは、気づくとそっとそばに寄り添ってくれる。

そんな優しさを持つのがアメリカンコッカースパニエルになります。

フレンドリーで温厚

アメリカンコッカースパニエルは、キャンキャン吠えて、飼い主さんを困らせているという現場を見たことがないくらい、温厚な犬なんです。

そのため、小さい子供とも仲良く生活することができ、時には子供の遊び相手になってくれたりなんてことも。

ただし、あまりにもフレンドリーなので警戒心があまりなく、知らない人にでもしっぽを振って、仲良くしようとすることがあるため、なかなか番犬にはならないということが起きます。

 

甘え上手

これはもう生まれ持った「技」なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です