★キャバリアの飼い方まとめ★これでキャバリアのすべてがわかります!


キャバリアの基本情報

原産国:イングランド(イギリス)

体高:31~33cm

体重:5~8kg

被毛:ウエーブのあるダブルコート

外貌:活動的・優雅・バランスのとれた体躯・穏やかな風貌をしている。

毛色:ブラックタン・真っ黒で艶のあるブラック。両目の上、両頬、耳の裏側、胸及び脚、尾の裏側にタン・マーキングがある。 ルビー・身体全体が鮮やかなレッド。白斑があるのは好ましくない。ブレンハム・鮮やかなチェスナットのマーキングがバーリーホワイトの地に分布している。耳の間にひし形の班があることに価値がある。トイカラー・ブラックとホワイトの境目が明瞭であり分布しており、両目の上、両頬、耳の裏側、脚の内側、尾の裏側にタン・マーキングがある。他の毛色や、色の組み合わせは極めて好ましくない。               (一般社団法人JKC資料参照)

キャバリアはイギリスの王室御用達の犬だった!

キャバリアの正式名称は「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」といいます。

その名の通りイギリスのチャールズ二世の寵愛を受けた王室御用達の犬でした。

1828年に元犬であるキング・チャールズ・スパニエルが中世の頃の面影を失ってしまったことの不満から、従来の容姿を取り戻すためのクラブが作られ、復活させた犬種をキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルと名付けました。

キャバリアはキング・チャールズ・スパニエルから目と鼻の位置が離れ、口吻(マズル)が長くなるように改良された犬種です。

キャバリアとは「騎士」という意味を持っていることから中世のキング・チャールズ・スパニエルへの思い入れの強さが表れています。

下記の記事では気品あふれるキャバリアの歴史について分かりやすく解説しいています。

キャバリアの歴史~イギリスの王様に愛された犬

キャバリアは魅力がいっぱいの気品あふれる犬

キャバリアの性格は?飼い方のポイントを知りたい!

キャバリアの一番の長所は誰にでも友好的なことだといわれています。

お年寄りや子供にも優しく接することができ、他犬に対しても自分から攻撃的になることはありません。

頭のいい犬種なので、しつけやトレーニングも素直に受け入れてくれます。

穏やかな性格ですがとても寂しがり屋な面も持っているので、長時間の留守番は少し苦手かもしれません。

下記の記事ではキャバリアの性格や飼い方などについて動物管理士が詳しく解説しています。

キャバリアの飼い方・性格を動物看護士が解説します!

キャバリアには多くの毛色があります。

同じ犬種とは思えないほど、それぞれの毛色によってまったく見た目が違ってきます。

下記の記事ではキャバリアの毛色と性格についてやさしく解説しています。

キャバリアの毛色による性格の違いはあるの?

キャバリアの飼いやすさについてや、キャバリアならではの注意点などについてやさしく解説しています。

キャバリアは他の犬と比べて飼いやすい?

キャバリアを飼うときの注意点は?

とても優しくて穏やかなキャバリアはどんな家庭でも飼育しやすい犬種ですが、それぞれの飼育環境によっていくつか注意しなければいけないことがあります。

キャバリアの避妊手術や多頭飼い、罹りやすい病気、適正体重などの注意点について、分かりやすく解説している記事を集めてみました。

下記の記事ではキャバリアの飼いやすさ、キャバリアの罹りやすい病気などについて解説しています。

キャバリアの避妊手術の是非について解説しています。

キャバリアの避妊手術は必要?メリットとデメリット

キャバリアを多頭飼いするときの注意点などを分かりやすく解説しています。

キャバリアは多頭飼いに向いている?注意点と成功させるポイント

キャバリヤの適正体重を知っていますか?

食欲旺盛なキャバリアは肥満になりやすいといわれています。

先天的に心臓病のリスクがあるキャバリアに肥満は大敵です。

体格のいいキャバリアは体重だけで肥満度を測ることはできません。

年齢による体重と体型のバランスから適正体重を見なければなりません。