ブリアードの基本情報や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


犬,ブリアード

ブリアードの基本情報

ビリアードは、フランス生まれの牧羊犬になります。

歴史はかなり古く、1300〜1500年ごろには既に存在していたと考えられていますが、具体的にどのようにして誕生したかは、多くは謎に包まれています。

ブリアードの特徴は、何といっても豊富な被毛と、目を覆うような長い前髪ではないでしょうか。

大きな熊のようなブリアードは、見かけによらず人と常に一緒にいたいと願う、愛らしい性格の持ち主なのです。

ブリアードの歴史

謎多きブリアードの歴史の始まりは不明

ブリアードの歴史はかなり古く、牧羊犬の中で最も古い歴史を持つのではといわれています。

当時の絵画や書物には、ブリアードに似たルックスの犬が様々なところで描かれていますが、実際いつからどのようにして誕生したのかは明らかではありません。

牧羊犬などで、羊の群れを管理することももちろんですが、大型犬でたくましいブリアードは、羊を狙うオオカミを追い払う役目も果たしていました。

ブリアードという名前の由来

諸説ありますが、ブリアードはフランスのブリー地方で飼われており、そこからきているともいわれています。

そしてもう1つ、伝説があります。

その昔、「オーブリ」という男がいて、ブリアードを飼っていました。

ある日そのオーブリが、何者かに殺されてしまうのです。

その一部始終を目撃していたのが愛犬のブリアードでした。

それからというもの、ブリアードはその犯人を至るところ追いかけ回し、何かを訴える日々が続きました。

その様は村の住民たちも知ることとなり、瞬く間に、あの男は怪しいという噂が立ち始め、ついにその噂は王様の耳に入り、国王の命令により裁かれることとなりました。

一説には、「オーブリ」「ドーブリ」「ドブリ」「ブリド」「ブリアード」と名前が変化したという話もあります。

第二次世界大戦に巻き込またブリアード

数々の犬が、第二次世界大戦では犠牲となりました。

ブリアードも例外ではなく、体の大きさ、賢さ、勇敢さ、忠誠心の強さを買われ、軍用犬として活躍することとなりました。

弾丸や上からの指令のメッセージを戦火の中、戦士たちに渡す仕事をしました。

また、ケガをした戦士を探し、他の仲間に知らせたり、救急箱を運んだり、たくさんの命を救ってくれました。

そんなブリアードは、戦争の犠牲となり、大戦後は随分数が減ってしまいました。

戦後は、元の生活である牧羊犬に戻り、家庭犬となり、人々に愛されました。

ブリアードの特徴

  • 大きさ:大型犬
  • 体重:23.0〜40kg
  • 体高:62.0〜68.0cm
  • 被毛の種類:ダブルコート
  • 被毛の長さ:長毛種
  • 被毛の毛色:ブラック、グレー、フォーン、ホワイト、ブラック&グレー、ブラック&フォーン

ブリアードの身体的特徴

ブリアードには立ち耳と垂れ耳のタイプと2つあります。

昔は垂れ耳のブリアードの耳は断耳することもありましたが、現在では動物愛護の観点から、それはその犬の個性として、断耳はしないようになっています。

またブリアードの後ろ足にはそれぞれ狼爪が1本ずつあるのが特徴です。

ブリアードの性格・気質

ブリアードは家族には大変忠実。でも知らない人には警戒心大!!

ブリアードの伝説にもあるように、ブリアードは飼い主をとことん愛し、忠誠心は本当に強い犬です。

飼い主や家族のためには、自分をも犠牲にして守ろうとします。

そこが魅力で虜になってしまう人も多いのですが、問題は家族には順応で思い切り愛情豊かに接してきますが、警戒心がとても強いので、知らない人には懐きません。

ブリアードは忍耐強く、おおらか

ブリアードはとても活発で、陽気です。

家族の中に小さな子供がいても、ちゃんと子供の相手をしてくれます。

驚くほど忍耐強い犬ではありますが、イコール、しつけがしやすいというわけではないので注意が必要になります。

ブリアードはプライドが高く勇敢

ブリアードはプライドが高く、冒険心や好奇心も強く、勇敢な気質があるので、自分よりも強く大きいものにでも立ち向かって行くところがあります。

そのため、子犬の頃からしっかりしつけることが重要になるわけです。

ブリアードの飼い方・しつけ

ブリアードは大型犬になり、体力がかなりある犬種なので、住む環境に自由に歩き回れる庭などがあることが望ましいです。