マンチェスターテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


マンチェスターテリアの基本情報

マンチェスターテリアはイギリス・イングランドを原産とする中型犬です。
テリアとは思えない華奢なボディと光沢のある被毛をもち、「ジェントルマンズ・テリア」とも呼ばれています。
国内では「マンチェスターテリア」として販売されていても、そのほとんどが「トイ・マンチェスターテリア」であることが多く、マンチェスターテリアは希少な犬種として扱われています。

マンチェスターテリアの歴史

マンチェスターテリアの歴史
~ルーツ~

マンチェスターテリアは、1800年頃イギリスのマンチャスターで流行していた「ネズミ殺しゲーム」や「ウサギ殺しゲーム」のために作出された犬種です。
古くからイギリスでネズミ捕りのために飼われてきた「ブラックアンドタンテリア」に、足の速い「ウィペット」や「グレーハウンド」などが交配させられています。

労働階級の人たちの娯楽として人気を集めていた「ネズミ殺しゲーム」や「ウサギ殺しゲーム」で優秀な成績を上げたマンチェスターテリアは、「ブラックアンドタンテリア」に変わってイギリス国内で人気を博していきました。
その後、先に「ウサギ殺しゲーム」が禁止されることになりましたが、害獣駆除を目的として「ネズミ殺し」は継続され活躍していました。
何年か後になるとネズミ殺しゲームも衰退していきましたが、マンチェスターテリアの人気は落ちぶれれることなく、ペット兼ネズミ狩り用の犬として重宝されていました。

マンチェスターテリアの歴史
~人気の衰退から復活まで~

ペット兼ネズミ狩りの犬として人気を維持していきたマンチェスターテリアでしたが、1898年にエドワード7世の命によって犬の断耳が禁止されます。
マンチェスターテリアは、断耳を行わないと垂れ耳が異常に長く不恰好だと考えられていたため、ブリーダーが減少するに伴って人気も衰えていくことになりました。
さらに第二次世界大戦によって頭数は落ち込み、戦後にはイギリス国内に11頭しか残っていませんでした。
そこで、マンチェスターテリアの人気を再び取り戻すため、愛好家たちの働きかけによって数を増やしていくことになります。
その際、断耳に頼らなくても立った耳にするため「イングリッシュトイテリア」との交配がされます。
最終的には、耳を半分立たせることに成功し、長さも短くすることができました。
現在は、イギリス国内だけでなく世界的に人気のある犬種として、世界中でペットやショードッグとして使われています。

マンチェスターテリアの特徴

  • 体重5~10kgの中型犬
  • グレーハウンドのような体型
  • 光沢のある被毛
  • 毛色はブラック&タン。稀に真っ黒も

マンチェスターテリアの特徴
~大きさや身体的特徴~

マンチェスターテリアは、体高38~41cm、体重5~10kgの中型犬に分類されています。
体重値から小型犬と表記される事もあります。
ちなみに、トイ・マンチェスターテリアのサイズは、体高25~30cm、体重2.7~3.6kgとなるので、大きさの違いは明確です。
マンチェスターテリアは、しなやかなボディを持ち、地中猟を行うテリア種の体型よりもグレーハウンドの体型に似たゆるやかなカーブを描いた体型をしています。
外見の印象通り運動神経が高く、敏捷性に優れています。
耳は、基本的には断耳は行われず垂れ耳~半立ち耳で、尻尾はサーベル形の垂れ尾です。

マンチェスターテリアの特徴
~被毛の種類や毛色~

マンチェスターテリアの被毛は、光沢のあるなめらかな毛質のスムースコートです。
毛色は、基本的にはブラック&タンのみとなりますが、ブラックの部分が多い傾向があり、稀に真っ黒の個体もいるようです。

マンチェスターテリアの性格・気質

  • 愛情深く穏やかな性質
  • 感受性が強い
  • キレイ好き
  • 小動物との接触には注意が必要

マンチェスターテリアの性格・気質
~テリアらしくないテリア~

マンチェスターテリアは、好奇心旺盛で非常に活発です。
イタズラ好きな面もあるにぎやかな犬です。
名前に「テリア」とついていますが、頑固でけんかっ早いようなテリア気質はなく、攻撃的ではなく穏やかな性質を持った犬です。
感受性が強く、見知らぬ人には心を許さない性質を持つことから、猫のような性格だとも言われています。

マンチェスターテリアの性格・気質
~初心者でも飼いやすい~

ネズミなどの小動物を狩るための犬だったこともあり、ウサギやハムスターなどの小動物には近づけないように注意しましょう。
穴を掘り起こすことが大好きな子も多いようです。
また、マンチェスターテリアは潔癖症と言われるほどキレイ好きな犬種でもあります。
しつけの面では、飼い主によく注目していて飲み込みも早いため、初心者でも飼育しやすい犬種だと言われています。

マンチェスターテリアの飼い方・しつけ

マンチェスターテリアの飼い方①
~飼育環境~

マンチェスターテリアは、保温性がない体を持ち夏以外の季節は寒がります。
屋外飼育には向いていないため、室内で飼育するようにして暖かい寝床を準備してあげましょう。
また、外出させる時には犬服を着せてあげるなどして防寒対策をしてあげましょう。