覚えておこう。犬が誤飲した時の応急処置!


犬,誤飲,医者

犬の誤飲について

犬の誤飲とは言葉通り、誤って何かを飲み込んでしまうことをいいます。

それは食べ物に限らず、犬のおもちゃだったり、家のインテリア、子供のおもちゃ、時に人用の薬だって誤飲してしまう可能性があります。

それら誤飲には、多少飲み込んでも様子を見て大丈夫なものと、緊急に対処しないといけないものまで様々あります。

まず、室内で起こり得る危険な誤飲リストを見てください。

  • 犬が食べたら中毒を起こす食べ物(ネギ類、チョコレート、ぶどう類、キシリトール、アルコールなど)
  • 犬や子供のおもちゃの一部(特に鋭利なもの)
  • 爪楊枝やインテリアの一部をかじって尖った木の破片、針など
  • 電池(特にボタン電池は危険大)
  • 化粧品
  • 大量の糸くず
  • タバコ
  • ビニール袋
  • 洗剤(洗濯洗剤、シャンプー、漂白剤など全ての化学洗剤)
  • 保冷剤
  • 乾燥剤
  • ペットシーツの中身(大量)
  • 観葉植物

これらのものは全て、どんな家庭にもあるもので、意識しないと簡単に手の届くところにありがちです。

このリストの中のものの中には、糸くずやペットシーツの中身など、少量であればウンチと共に体外に出て、問題ないとはいわれていますが、やはり個体差があるのと、体の大きさに対してたくさん誤飲してしまった場合は、楽観視できない状況になります。

犬が誤飲した時の症状

では実際犬が何かを誤飲してしまった時、どんな症状が現れるでしょうか。

犬の誤飲の症状は、そのものが詰まる場所でそれぞれ違う症状をみせます。

喉(食道)に詰まった時

喉に詰まってうまく呼吸ができないことで、咳き込むようになります。

咳き込んだり吐き出す仕草を繰り返し、詰まったものを出そうと必死になり、じっとせず、動き回ることもあります。

また、大量のよだれが出るようになります。

胃に詰まった場合

異物感より、嘔吐を繰り返したり食欲がなくなったりします。

また、元気がなくうずくまることもあります。

食道を通過し、胃まで落ちていった場合、全く症状が出ないこともあるので、飼い主さんが気づかないということも最悪起こり得ます。

それで、消化してしまうか、ウンチと一緒に排出されれば問題はありませんが、そのまま胃に留まることで、胃の粘膜を傷つけたり、最悪穴が空いてしまうなど起こります。

腸に詰まった場合

腸に異物が詰まると、嘔吐、便秘、下痢などの症状が現れ、元気がなくなり食欲が落ちてきます。

症状が進むごとに、明らかに食欲は落ち、やがて全く食べなくなることもあります。

さらに状況が悪化すると、腸閉塞となり激しい腹痛に襲われるのと、腸管が壊死して命を落とす場合もあります。

犬の誤飲の症状が出る時間は?

飲み込んだものや、その犬の状態によって、誤飲による症状が出る時間はかなり幅があります。

石ころやボールを誤飲したけど、1週間経っても症状がなく元気みたい。

大丈夫かな、とは思わないでください!!

異物は異物です。

元気に見えても、放置してはいけません。

体内に長く停留することで、数年後に突然症状が出てくることがあります。