犬のリードの選び方とおすすめ商品4選


犬のリードとは?種類は?

リードは、犬の運動や社会性を身に付けさせるために欠かせない散歩での必需品です。

首輪に取り付けたり、ハーネスに取り付けたりすることで、犬の脱走を予防することができる他、しつけの一環としても活躍します。

そして何より、愛犬をあらゆる危険から守るための道具でもあります。

例えば、他のことに気を取られて道路に飛び出そうとしたり他の犬に敵対心を見せたり、怪我をする可能性や命を落としてしまうこともあるでしょう。

そんなときにリードをつけておけば、愛犬を制御でき危険から守ってあげることができます。

それではリードの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

犬のリードの種類①

~スタンダードリード~

ループ状の持ち手があり、反対側に首輪やハーネスに取り付けるための金具がついている最も一般的なリードです。

素材やデザインなども多くあり、長さは120cm~200cm程度です。

犬のリードの種類②

~ロングリード(トレーニングリード)~

スタンダードリードよりも長めのリードのことです。

一般的には5~10m程度の長さがあります。

広い場所で遊ばせる時やトレーニングをする時のリードとして活躍します。

犬のリードの種類③

~フレキシブルリード(伸縮性リード)~

持ち手にリードが格納されていて、自由に長さを調節することができるリードです。

短めにロックしておけば散歩でも使え、長めにしておけば広場やトレーニングでも利用することができます。

ただし、ワイヤー状になっているため遠くからは見えにくいことやコントロールを誤ると思わぬケガや事故に繋がってしまったというケースもあります。

フレキシブルリードを使用する際には、しっかりコントロールすることが必要です。

また、自治体によっては使用を禁止していることもあるため、お住まいの自治体で予め確認しておきましょう。

犬のリードの種類③

~マルチファンクションリード~

スタンダードと同じような素材で作られた多機能性リードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です