★フレンチブルドッグの飼い方まとめ★これでフレンチブルドックのすべてがわかります!


フレンチブルドック

フレンチブルドッグはこうして生まれた!

現在のフレンチブルドッグが生まれた背景にはイギリス・フランス・アメリカという3つの国が大きく関わっています。

フレンチブルドッグの原型となる小型のブルドッグを作り出したのはイギリスです。

イギリスからフランスへ連れて来られた小型のブルドッグが大人気となり、さまざまな改良が加えられ現在の独特な容姿を持つフレンチブルドッグになりました。

フレンチブルドッグがフランスからアメリカに持ち込まれたとき、フレンチブルドッグの耳は立ち耳と折れ耳の2種類あり、フランスでは折れ耳が好まれていましたが、アメリカでは「コウモリ耳」と呼ばれ立ち耳が人気を集めました。

現在のフレンチブルドッグの大きな特徴のひとつである立ち耳を、フレンチブルドッグの標準として認定したのがアメリカです。

フレンチブルドッグは以外と運動好き!?

強靭なブルドッグの血を引くフレンチブルドッグですが、明るく温厚で愛情深い性格をしています。

どっしりした身体付きから動作が鈍い印象を受けますが、実はとても活発で動きも俊敏な犬種です。

下記の記事では、フレンチブルドッグの性格や身体的特徴から飼い方まで動物管理士が詳しく解説しています。

フレンチブルドッグの飼い方・性格を動物看護士が解説します!

フレンチブルドッグの購入価格が知りたい!

フレンチブルドッグを飼おうと思うときに気になるのがその価格ですね。

フレンチブルドッグは頭が大きいため自然分娩ができず、すべて帝王切開で出産します。

そのため生まれる頭数が少なく、市場に出される数も限られてくるので、おのずと売買価格も高くなります。

また、毛色や月齢によっても価格が変わってきます。

下記の記事では、フレンチブルドッグの購入価格の相場や、毛色による価格の違いなどについて詳しく解説しています。

フレンチブルドックの購入費用はどれ位?

フレンチブルドッグを迎えるとき、ブリーダーとペットショップどっちがいいの?

フレンチブルドッグを飼おうと思ったとき何処から迎えるのがいいのでしょうか。

フレンチブルドッグは市場に出る頭数が少ないため、トイプードルやチワワのように一般的なペットショップの店頭で見かけることは少ないかもしれません。

フレンチブルドッグ専門のショップかブリーダーで探すのが妥当ですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

下記の記事ではフレンチブルドッグ専門店の探し方やペットショップとブリーダーの違い、そのメリットやデメリットについて詳しく解説しています。

フレンチブルドッグのブリーダーとペットショップ、選ぶならどっち?

フレンチブルドッグは専門店で迎える?探し方は?

これはNG! フレンチブルドッグの弱点を知ろう!

短頭種で短毛という独特な体躯を持つフレンチブルドッグは、日常生活で気を付けなければならないことがいくつかあります。

下記の記事では、暑さ寒さへの配慮や皮膚のケア、肥満対策、短頭種特有の疾患など、フレンチブルドッグを飼うときに注意しておきたいことについてわかりやすく解説しています。

フレンチブルドッグを飼いたい!飼育する時の注意点とは?

フレンチブルドッグは食欲旺盛な犬種なので油断するとすぐに肥満になります。

下記の記事ではフレンチブルドッグの適正体重や、肥満対策について分かりやすく解説しています。

フレンチブルドッグは太りやすい?肥満のリスクと対策

フレンチブルドックのこんなことが知りたい!

フレンチブルドックを飼っていると、こんな時はどうしたらいいのだろうと、迷ったり困ったりすることがありますね。

ブリーダーから迎えてからの予防接種はいつすればいいのか、またどのようなワクチンを接種すればいいのでしょうか。

フレンチブルドックに限りませんが、犬には食べると中毒をおこす食べ物がいくつかあります。

間違ってそういう食べ物を食べてしまったらどうすればいいのでしょうか。