★フレンチブルドッグの飼い方まとめ★これでフレンチブルドックのすべてがわかります!


老犬のフレンチブルドックがエサを食べなくなったときはどうすればいいのでしょうか。

下記の記事ではフレンチブルドックの予防接種や食中毒、老犬になったときの食事の対処法などについて詳しく解説しています。

フレンチブルドッグの予防接種を打ちたい!混合ワクチンについて動物看護士が解説!

フレンチブルドッグが食べ物で中毒を起こしたら?動物看護師が説明します!

老犬のフレンチブルドッグがエサを食べない時の対策法とは?

褒めて伸ばす!フレンチブルドッグのしつけはこれがポイント。

フレンチブルドッグはその風貌から一見厳ついイメージがありますが、とても明るく人懐っこい性格をしています。

学習能力も決して低くはありません。

但し、自分が納得しないことには、たとえ飼い主の指示であっても従わないという頑固な一面も持っています。

フレンチブルドッグのしつけは毎日根気よく続ける必要があります。

下記の記事ではフレンチブルドッグの上手なしつけ方のポイントについてやさしく解説しています。
フレンチブルドッグの賢さを活かしたしつけのコツとは?

下記の記事では、フレンチブルドッグを家に迎えたら、最初に教えたいトイレのしつけについて詳しく解説しています。
とても大事!フレンチブルドッグのトイレのしつけ!

フレンチブルドッグとの主従関係はどうすれば上手く作れるの?

フレンチブルドッグに限らず、犬と楽しく快適に暮らすには、飼い主と犬とのしっかりとした主従関係が出来ていなければなりません。

正しい主従関係は力で押さえつけるのではなく、犬と飼い主の確かな信頼関係があって初めて成り立つものです。

下記の記事では、フレンチブルドックとの確かな主従関係の作り方を分かりやすく解説しています。

フレンチブルッドッグと主従関係を築く上で大切なことは?

フレンチブルドッグのお手入れの仕方が知りたい!

フレンチブルドッグは短毛なのでトリミングの必要はありませんが、被毛は下毛と上毛からなるダブルコートで、換毛期には大量の抜け毛があります。

短毛のわりには日々の抜け毛も多く、毎日のブラッシングで死毛を取り除いてあげる必要があります。

また、ブラッシングすることで皮膚の汚れを落とすことができ、血行もよくなることから皮膚のトラブルも防げます。

下記の記事では、ブラッシングの仕方から、フレンチブルドッグのブラッシングに適したブラシの選び方まで詳しく解説しています。

フレンチブルドッグにブラッシングは必要?方法は?

フレンチブルドッグには「ブルドッグ臭」といわれる独特なニオイがあるといわれています。
下記の記事では、フレンチブルドッグの臭いの原因や対処法などについて分かりやすく解説しています。

フレンチブルドッグの臭いが気になる?対策はどうすればいい?

フレンチブルドッグがかかりやすい病気について知りたい!

フレンチブルドッグの平均寿命は10〜14歳といわれており、他の小型犬と比べても少し短命といえるでしょう。

愛犬に健康で長生きしてもらうためには、その体質や特徴からかかりやすい病気を知り、予防、早期発見、早期治療を心がけることが大切です。

フレンチブルドッグはマズルの短い短頭種のため呼吸困難や気道障害(短頭種気道症候群)を起こしやすい犬種です。

また、顔の皮膚が垂れ下がっているため、皺の中に汚れがたまると皮膚炎や口唇炎などの原因になります。

フレンチブルドッグの容姿はとてもユニークでチャーミングですが、その特異性が病気の原因になることがありますので注意が必要です。

下記の記事では、フレンチブルドッグがかかりやすい病気について、獣医師がVol.1〜Vol.6まで疾病別に分けて詳しく解説しています。

是非一読されることをおすすめします。

Vol.1 軟口蓋過長症・気管形成不全・短頭種気道症候群について。
獣医師が解説するフレンチブルドッグにかかりやすい病気 Vol.1