犬の去勢手術について動物看護師が説明します!


去勢手術ってどんな手術?

去勢手術とは、生殖機能のある睾丸をとってしまう手術です。
睾丸をとるためには、全身麻酔をかけますが、手術時間は10分ほどの簡単な手術です。
麻酔が効き、手術をして覚めるまでに、30分~1時間はかかりますが他の手術に比べると、比較的早い時間で終わります。
そして、日帰りで帰れる病院が多いです。

1箇所を切るので、傷もとても小さいです。
ただし、停留睾丸といって、睾丸が正常な位置にはなく、お腹の中にある場合があります。
その時はお腹を切って取らなければいけません。
時間もその分かかります。

去勢手術の平均的な費用は、15000〜35000円です。
もちろん動物病院によって差がありますので、安い場合もありますし、高い場合もあります。
また、犬の大きさによって値段設定が違う動物病院もあります。

手術をする時期として、適しているのは、生後6ヵ月〜12ヵ月の発情がくる前にすることをおすすめしています。

去勢手術のメリット・デメリット

メリット

○望まない妊娠が避けられる
多頭飼いなどで、望んでいない妊娠を避けたい場合には去勢手術をオススメしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です