フレンチブルドックの避妊手術の目的や時期・費用、メリット・デメリットについて知っておこう!


避妊手術とは

避妊手術には、卵巣を取り出す卵巣摘出術と卵巣と一緒に子宮も取り出す子宮卵巣摘出術があります。

それぞれの術式において採択されるポイントを知っておくことが大切です。

人間と同じで100%安全と言いきれる手術はなく、リスクがあります。

手術で使用する麻酔にしても、フレンチブルドックの体質によっては危険なケースもあります。

それぞれの術式のメリットやデメリット、手術の流れ等も納得がいくまで獣医に説明してもらいましょう。

フレンチブルドックが避妊手術を受ける時期・費用

フレンチブルドックに限らず犬の避妊手術は、生まれてから最初に迎える発情の前に行うことで病気を発症するリスクを低下できます。

そのため、生後5ヶ月あたりで受けさせるのが一般的です。
また、出血等のリスクが上がる発情中の手術は行いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です