も~勘弁して!困ったチワワの無駄吠え直したい!コツはあるの?


チワワの基本情報

一時のチワワの爆発的な人気は落ち着きつつありますが、チワワは世界で1番小さい犬種といわれ、その愛くるしい姿は、今も人気犬種の上位を占めるほど私たちの心を掴んで離しません。

また飼ってみると、ただ守ってあげたいかわいさだけではなく、小さいながらも自信満々で、大きなものに立ち向かっていく意思の強さのギャップがあることに気づき、チワワの虜になっていくのではないでしょうか。

チワワ、トイプードル,ヨークシャーテリア

チワワの身体的特徴

  • 大きさ:超小型犬
  • 体重:1.5~3kg
  • 体高:15~23cm
  • 被毛の長さ:スムースコート(短毛)とロングコート(長毛)
  • 被毛の種類:シングルコートとダブルコートあり
  • 毛色:ホワイト、クリーム、ブラック、フォーン、レッド、チョコレート、ブラック&タン、パーティーカラー、トライカラー、ブリンドルなど
  • 平均寿命:10~16歳
  • 価格相場:20万円くらい。(血統の良買ったりスタンダードに近い、レアカラーの毛色を持つなどの場合、価格が上がることがあります)
ロングコートチワワ

チワワは大変小さな体を持つのが1番の特徴になります。

小さな顔に大きな目、立ち耳を持っています。

頭の形が丸く、その形からアップルドームと呼ばれています。

とにかく小さいチワワが大変人気ではありますが、小さくなればなるほど、水頭症という病気にもなりやすいため、近年、水頭症を持つチワワが多い傾向にあります。

チワワ購入を考えている場合、体の大きさだけにこだわらず、先天性の病気の心配も考えて選ぶようにしましょう。

チワワの性格・気質

  • プライドが高く負けん気が強い
  • 好奇心旺盛
  • 警戒心・縄張り意識が強い
  • 賢く、その場の空気を読む
  • 臆病だが大胆
  • 家族にはベロベロに甘えん坊
  • 大変活発で遊ぶのが大好き
ロングコートチワワ

チワワは見た目から大人しく、守ってあげなきゃ…と思ってしまいがちですが、全く違います。

守る必要がないくらい、活発で物怖じせず、自分よりはるかに大きな相手にでも向かっていく強さがあります。

その一方、心を許した家族にはとにかく甘えるのが大好きで、常にそばにいようとします。

大変賢いので、しつけトレーニングも苦労なく学習することができるでしょう。

無駄吠えってなに?

無駄吠えって具体的にはどういうことをいうのでしょうか。

犬は基本的に吠える生き物であり、吠えることで意思表示をします。

全く吠えないようにするということは難しいことですし、チワワの健康にも良くありません。

では無駄吠えとはなんでしょう。

チワワにとって吠えることは、必ずそこに理由があり、無駄なことは1つもないのですが、吠え続け、人が耐えられない状態になるまで吠えることを、私たちの都合で「無駄吠え」と呼んでいます。

ある意味、私たちの勝手な部分もあるのですが、ただ人とチワワが一緒に暮らす上で、年中収集がつかないほど吠えられてしまうと、お互いが快適に生活できません。

そのため、必要以上に吠えてしまう無駄吠えは、抑えていく必要があるのです。

チワワは無駄吠えが多い?

よく聞きますね。

チワワはよく吠えると…

実際のところは、個体ごとの性格にもよりますが、基本的にチワワはよく吠えるタイプになります。

どんな時によく吠えるかというと、

  • 散歩中、よその犬や人に出会って吠える
  • インターホンが鳴ったり、電話が鳴ると吠える
  • 外で音がした時に吠える
  • 何かしたいことがある時に、要求が通るまで吠える
  • 留守番の時など誰もいないことで寂しくて吠える

などがメインの吠えるシーンになります。

なぜそこまで吠えるのでしょうか。

チワワの性格は負けん気が強く、縄張り意識も強いため、ちょっとの変化に反応し、つい反射神経で吠えてしまいます。

また体が小さいので、吠えることで自分を大きく見せていることもあります。

本当に臆病な犬の場合、吠えて威嚇するよりも先に、飼い主さんの足元に駆け寄って動けないことが多いので、それからもチワワの体に似合わない凛とした強さがわかります。

ただしそれも時と場合により、度を越した無駄吠えは人と生活する上では大変困る問題になってしまいます。

それと、チワワを溺愛しすぎるあまり、過保護にしすぎたため、なににでも過敏に反応して吠え、気に食わないことがあると吠えと、明らかに度を越したわがままチワワになってしまうこともあります。

いずれにしろ、吠えるシーンをよく見れば分かるように、これらは全て、しつけトレーニングでいくらでもカバーすることができます。

そしてもう1つ。

しつけトレーニングではどうにもならない無駄吠えも存在します。

ただのわがままや縄張り意識、要求吠えではない無駄吠えもあり、それらには注意が必要になります。

ではどんな無駄吠えに注意が必要なのか見ていきましょう。

ただの無駄吠えではないチワワの注意したい吠え方

チワワがひたすら吠えまくるときの様子を観察してみましょう。

  • どんな時(時間・場所)
  • どんな吠え方
  • 吠え方のトーン

をみてみてください。

吠える対象がある場合や要求吠えのように、吠えている理由が明らかな場合は、それに対して対策を建てられますが、そうでない場合も存在します。

なぜ吠えているかわからない場合、

  • ケガや病気で体のどこかが痛い
  • 心理的なストレス(分離不安)
  • 年齢による認知症

などが原因のことがあります。

こういった理由の場合、しつけトレーニングだけではどうにもなりません。

ご自身のチワワの吠え方を注視し、おかしいと思った時には獣医さんに相談するようにしましょう。

チワワが吠えるときには必ず吠える理由があります。

その声を汲み取ってあげるのは、私たち飼い主の役目になります。

え?うちの子無駄吠えしてるの?

あなたは無駄吠えに対してどんな基準を抱いていますか?

犬は吠えるから仕方がないって思っていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です