チワワはどのぐらい大きくなる?年齢別のチワワのサイズ


チワワの基本情報

  • 原産国:メキシコ
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:12~14歳
  • 価格相場:15~20万円

チワワの概要

チワワは、メキシコを原産国とする超小型犬です。

祖先犬は、古代メキシコに存在していた「テチチ」と呼ばれる小さな犬だったと言われています。
当初は体のサイズが小さいために使役犬として使うことができず人気も伸びずにいました。
それでも家庭で飼いやすいサイズであることから、ペットとしての人気を徐々に集めていくことになります。

元々チワワは「スムースコート」のみしか存在していませんでしたが、20世紀に入ってからアメリカで、チャイニーズクレステッドドッグやスパニエルなどとの交配によって「ロングコート」のチワワが誕生することになりました。

以来チワワは、その愛らしい容姿と扱いやすいサイズ感から世界中で人気を集めていきます。
日本では人気犬種ランキングで毎年トップ3に入っている大人気の犬種です。

チワワの身体的特徴

  • 体重:1.5~3kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:12~20cm
  • 被毛:「スムースコート」と「ロングコート」の2種類あり
  • 毛色:カラーバリエーションは豊富にあり

チワワの身体的特徴

ロングコートチワワ

【大きさ】

チワワは、体高12~20cm、体重1.5~3kgの超小型犬に分類されています。
細い手足を持ちますが体つきは意外としっかりしていて、頭は大きめです。

【顔】

「アップルヘッド」と呼ばれる丸い頭に、黒目がちな大きな目、口角が上がった愛らしい顔つきをしています。
耳は大きめの立ち耳で、ロングコートの場合には飾り毛が豊富に生えています。

【被毛】

チワワの被毛には、「スムースコート」と「ロングコート」の2種類があります。

本来のチワワ「スムースコート」は抜け毛の多いダブルコートの犬種でしたが、ロングコートチワワの育種のためにシングルコートの犬種と交配されることで、シングルコートとダブルコートが混在することになりました。
そのため抜け毛の量も個体によって異なるようですが、基本的には抜け毛の多い犬種と言われる犬種です。

【毛色】

チワワの毛色には豊富なカラーバリエーションがあり、「ブラック」「フォーン」「レッド」「ピュアレッド」「タン」「ホワイト」「チョコレート」などの単色から、「ブラック&ホワイト」「ブラウン&ホワイト」「ブラック&タン」「ブラウン&イエロー」「セーブル」など様々です。

現在日本で人気のあるカラーは「フォーン」や「レッド」「チョコレート」などの茶系。
「ホワイト」「クリーム」などの白系、他にも「ブラック&タン」なども人気の高いカラーのようです。

チワワの性格・気質

  • 明るく甘え上手
  • 留守番は苦手
  • 保守的で怖がり
  • しつけやすい犬種
ロングコートチワワ

チワワの性格・気質①
~明るく陽気~

チワワは、明るくて陽気な性格をしています。
飼い主の事が大好きで愛嬌たっぷりの性格です。

寂しがり屋なのでいつも誰かと一緒にいたがり、お留守番を苦手とすることも多いようです。

体が小さくとも賢さはしっかり持っており、比較的しつけやすい犬種でもあります。

チワワの性格・気質②
~保守的で強がり~

チワワは、小柄ながらも非常に警戒心が強く、侵入者には厳しい態度で番犬のような振る舞いを見せることがあります。
そういった振る舞いから勇敢だと言われていることも多いチワワですが、その内心は怖がりな性格からきているものだとも考えられるでしょう。

また、保守的な性格でもあるため、飼い主家族とそうでない人をはっきり区別して接するようなこともあります。

警戒心の強さや怖がりな性格から無駄吠えが付いてしまうことも多い犬種のため、子犬の頃から社会性を身に付けることが大切です。

チワワの大きさや成長について

チワワの大きさ

チワワの成犬時のサイズは、体高12~20cm、体重1.5~3kgの超小型犬です。
あらゆる犬種の中でも最小サイズであることで広く知られています。
また、オスとメスによる大きさの違いは特にないようです。

ただし、チワワのサイズは親の遺伝や骨格の大きさによっても異なってきます。
そのため、個体によっては平均よりも小さい個体や、逆に平均よりも大きくなる個体も少なくはないようです。

チワワの成長期

チワワの「成長期」とは、子犬が成犬へと体・精神共に成長していく期間の事です。

最も大きな体の成長を見せるのは生後2~3か月頃までの期間で、出生時の約10~15倍まで体重が増加します。
主に、骨組織の発達が大きく見られ骨格が作られていきます。
ちょうどこの成長期を終えた頃のチワワがペットショップで見られる頃です。

その後は、成犬になるまで緩やかな成長を見せ、生後9カ月~1年ほどまでに体重がさらに2~5倍近くに増えて、成犬へと育っていくのです。

チワワの年齢別サイズ

ここでは標準のチワワに基づいて、年齢別でのサイズをご紹介します。

チワワの年齢別サイズ【生まれたて】

生まれたての赤ちゃんチワワは成人男性の片手のひらに乗せても余るくらい小さく、体重は100g程度しかありません。
ほとんど重さを感じないほどでしょう。

これから健康な体作りをしていために、たくさんの栄養を必要とする大切な時期に入ります。
この時期には成長に必要なエネルギーを摂取するためにも、エネルギー密度が高く消化性の良い食事が必要になってきます。

チワワの年齢別サイズ【3か月】

ペットショップに売られているチワワがこの頃です。

個体差が出始めるので、体のサイズにもばらつきがありますが、体重はだいたい500~600g前後
一般的には、成人男性の両手のひらに収まるくらいのサイズになります。

生後4か月頃になると脂肪組織が発達し始める時期です。
これ以降は成長に必要な栄養をしっかり摂取させるのと同時に、肥満にならないよう栄養管理をしっかりとしていきましょう。

チワワの年齢別サイズ【6か月】

生後半年までに体重が1kgを超え始めるチワワが多くなり、体重の目安は1kg~1.5kg前後です。
体長は20~25cm、体高は10~15cmくらいになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です