チワワに多い水頭症は早期発見が重要!


チワワに多い水頭症の症状とは?

チワワに多い犬の水頭症とは、脳や脊髄の周りを循環している脳脊髄液と呼ばれる液体が、何らかの理由で増えて脳を圧迫してしまう病気です。

特に目立った症状が現れない場合もありますが、いろいろな形で現われます。
チワワの水頭症の症状には急に興奮して吠える、凶暴になる、ぼんやりしていて眠っている時間が長い、しつけ等の覚えが悪い、よく転ぶ、うまく立ち上がれない、てんかん発作などがあります。

また先天性の水頭症の場合はチワワの頭がドーム状にふくらむ、斜視になるなどの外見的な症状も現れます。

チワワの水頭症の罹患率は?

チワワなどの小型犬、ペキニーズ、ボストンテリア、パグなどの短頭種に先天的水頭症が発症しやすい傾向があります。

犬の水頭症は犬全体の発症率は1.9%なのに対し、チワワの水頭症の発症率は3.3%です。
これは、かなりの高い確率であると言わざるを得ません。

水頭症は先天性のものと後天性のものがありますが、チワワの水頭症は先天性のものが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です