犬と一緒に飛行機に乗るときの注意点


飛行機

犬を飛行機に乗せるには

犬を飛行に乗せる前に健康チェック!

犬を飛行に乗せるとなったとき、まず第一に、犬の健康状態のチェックをしましょう。

例えば、国内線の移動で短時間だったとしても、犬にとっては知らない空間で、初めて聞く音や気圧の変化で、相当のストレスがかかります。

そのため、万全な体制で飛行機に乗せられるように、軽くでも検診を受けることをおすすめします。

また、生後4ヶ月までの子犬と、7才以上の犬の場合、体力的な問題も出てくる場合があるので、主治医に必ず確認をしましょう。

犬をクレートやキャリーバッグに慣らす

犬を飛行機に乗せる際には、貨物室に預けるにしても、機内に持ち込みするとしても、いずれの場合でもクレートやキャリーバッグに入った状態で、長時間おとなしくしていてもらうことになります。

犬自身のためにも、事前にクレートやキャリーで過ごすことに慣らしておくことで、少しでも移動のストレスを軽減してあげることになります。

また、乗る航空会社によって、指定しているクレートやキャリーバッグの大きさが違いますので、ホームページなどで確認するようにしましょう。

犬と飛行機に乗るとき

では実際犬と飛行機に乗るとき、どのような手続きをし、どんなことに気をつけたりしたらいいでしょうか。

事前にいろんな情報を集めておくことは、いろんなことに柔軟に対応でき、パニックになることを防ぎます。

飼い主が焦ってパニックになると、犬もその焦りを感じ、緊張し始めてしまいます。

今回は、いろんな犬と飛行機移動に関しての疑問を、質問形式でご紹介していきます。
ぜひ参考になさってください。

Q: 犬は機内持ち込みにできる?犬も一緒に座席に座れる?

国内線では、犬を機内持ち込みできる航空会社はありません。

ただ最近ではANAやJALでは、不定期のチャーター便で行けるツアーなどがあり、それらの利用の場合のみ、愛犬を機内持ち込みすることが可能です。

国際線の場合、日本の航空会社はできませんが、海外の航空会社は、犬のサイズにより、機内持ち込み可能になります。

愛犬が条件に合う場合、規定サイズのソフトキャリーバッグに入れた状態で、座席下に置いて、一緒に移動することができます。

ただし、行く先の国によっては、全犬種が貨物室に預けなければならない場合もありますので、注意が必要です。

(ハワイやオーストラリア、イギリスは、航空会社に関わらず、貨物室預かりになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です