犬と一緒に飛行機に乗るときの注意点


Q: 犬と飛行機に乗るときの手続き方法は?

犬と飛行機に乗る際には、ご自身の飛行機のチケットを購入するときに、犬を連れて行くことを航空会社に伝え、予約をすることが必要になります。

各航空会社で、犬を預ける時のルールが違いますので、よく説明を聞くようにしましょう。

また、同意書に署名を求められることもあります。

Q: 犬を飛行に乗せるときの費用は?

国内線の場合は、距離によって変わりますがだいたい3,000〜6,000円くらいになります。

国際線の場合は、航空会社や移動距離によって金額は変わりますが、最低20,000円〜になります。

Q: 死亡事故があるって聞くけど、犬を飛行機に乗せるリスクは?

飛行機に犬を預けたら死んでしまった、などという事故の話は都市伝説ではありません。

航空会社もいろいろな問題点を改善してはいるのでしょうが、やはり犬の死亡事故は今も時々起こります。

特に夏の事故が多いです。

それは、貨物室に入れるまでの待機時間を外に放置され続け、暑さのために熱中症になってしまうケースや、過度のストレスで体調を崩してしまう場合があります。

特に、短頭犬種は呼吸困難などになりやすいため、事故防止のため、航空会社によっては飛行機に乗せないという場合もあります。

飛行機での移動は、犬にとっては体力に負担がかかることは必須です。

気圧の変化や興奮により、心臓に無理をさせてしまうことも死亡事故に繋がります。

Q犬を飛行機に乗せるとき、精神安定剤を飲ませるといい?

もし愛犬を座席に持ち込みできるなら、飼い主さんの目が届くところで、愛犬を管理できますので、精神安定剤を飲ませることで、犬の眠気を誘い、少しでもリラックスさせることが可能になるので、獣医さんに相談してみるのもいい案でしょう。

ただ、貨物室に預ける場合であれば、愛犬がどういう体調でいるかが見えませんので、おすすめしません。

薬を飲んだ後、体温が下がる場合があり、仮に貨物室が寒かった場合、命に関わることも起きますので危険です。

Q犬を機内に持ち込める航空会社はどこ?

国内線は全て、犬を機内に持ち込みすることはできません。

国際線の場合、特に欧米の航空会社は犬の大きさによりますが、機内に持ち込める場合がほとんどです。

フライト便(コードシェア便)や季節によって条件が変わる場合もありますが、以下の航空会社はその一部ではありますが、犬の機内持ち込み可能になっています。

  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空
  • アメリカン航空
  • エア・カナダ
  • スカンジナビア航空
  • オーストリア航空
  • スイスインターナショナルエアラインズ
  • アシアナ航空
  • エールフランス航空
  • KLMオランダ航空
  • アリタリア イタリア航空
  • エア・ヨーロッパ
ご紹介以外の会社でも、国際線であれば、機内持ち込み可能な航空会社はたくさんありますので、ぜひホームページで確認してみてください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です