わんちゃんとキャンプ! 注意することは?


キャンプ,犬

犬とキャンプを楽しむには

犬は、もともと外が大好きです。

自然大好きな犬が、自然に囲まれた場所で、大好きなあなたと一緒に過ごすなんて、犬にとっては、これほどない楽しい時間ではないでしょうか。

もちろんあなたにとっても、大好きな愛犬と普段の生活から離れ、のんびりとキレイな空気を吸って、自然を満喫するのは、デトックスには最高ですよね。

そんな間違いなく楽しく、犬との絆を深める絶好の機会を最高のものにするためには、どうしたらいいでしょうか。

せっかくの犬とのキャンプ。

無計画で突っ走ってしまうと、後悔の元です。

それでは、どういうことに注意したら楽しいキャンプになるか見ていきましょう。

犬とキャンプするときの注意点

犬とのキャンプ時期は夏を避ける

キャンプといえば夏というイメージですが、犬連れでキャンプを楽しみたい場合は、真夏は避けるべきでしょう。

長時間、高温の外にいると、いくらテントがあっても十分に涼しいとはいえず、犬が熱中症になってしまうことが心配です。

また、夏は行楽シーズンになりますので、当然、キャンプ場には人が集まります。

中には犬が苦手な人もいることでしょう。

犬もまた、多くの人を見て、興奮してしまうかもしれないので、注意が必要になります。

そして、特に夏は、害虫が多い季節でもありますので、虫対策は必須です!

犬連れのキャンプでは事前に、キャンプ場付近の動物病院をチェック

キャンプ場は、普段過ごす自宅周辺と違い、自然がいっぱいです。

万が一、犬がケガをしてしまったり、急病になったりしても、土地勘がないところでは、とにかく大慌てになります。

万が一のことを考えて、キャンプ場近くの動物病院の場所と、診察時間などを確認しておくと、いざという時、迅速に動けます。

キャンプ場所によっては、虫除け対策と追加の予防注射

行くキャンプ場によりますが、基本的にどこのキャンプ場も、普段私たちが生活するところでは見ないような虫がたくさんいます。

ダニやノミの虫除けはもちろんですが、場合によっては、いつもしている予防注射の追加をしてもいいかもしれません。

犬連れのキャンプでは必ずリードを忘れない

リードを持参するのは、わかってるよー!と言われそうですが…

キャンプで持って行きたいリードは、2種類あります。

普通の伸縮しないリードと、フレキシリード(伸縮するリード)の2つを持って行きましょう。

伸縮しないリードは、人混みの中、自由に歩き回って欲しくない時に使え、フレキシリードは、思い切り広いところで遊ぶところで使えます。

どこでもフレキシリードを使ってしまうと、やはり迷惑がかかりますし、伸縮しないリードだと、犬の自由が奪われてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です