わんちゃんとキャンプ! 注意することは?


犬連れのキャンプでは、マナーが大事!

キャンプ場は、自分たち以外にも利用している人がたくさんいます。

みんなが気持ちよく楽しむために、マナーはちゃんと守るようにしましょう。

  • 犬の糞尿の後始末をする
  • ノーリードは禁止
  • 犬が立ち入り禁止の区域に立ち入らない
  • 夜中の無駄吠えに注意する
  • 風向きを考えてブラッシングする(抜け毛は持ち帰るなり、きちんとゴミ箱に入れるなり、処理をする)

これらは最低限、飼い主が守るルールになります。

犬連れキャンプでは、犬用の洋服・タオル・毛布持参

キャンプ場は山や海の場合が多いですね。

天候が変わりやすく、朝晩、気温差もあります。

寒さに強い犬以外、温度差で体調を崩さないために、洋服や毛布を準備すると安心できます。

また、急な雨などでタオルがあると便利です。

犬とのキャンプで愛犬が快適に過ごすために

いざ犬連れでキャンプに行った時、人間は楽しいけど、犬への配慮が足りないと、犬にとってはあまり楽しくないキャンプになってしまいます。

愛犬がキャンプを楽しむために、どういうことをしてあげたらよいでしょうか。

犬が安心して落ち着ける寝床を作ってあげる

犬が安心できるかどうかは、寝床で決まります。

いつも使っている犬用のベッドやお気に入りの毛布などを、あなたや家族の顔が見える場所に置いてあげましょう。

大好きな自然の中でも、慣れない場所には違いありません。

まずは落ち着ける場所を作ってあげることが1番です。

そして、寝るときは一緒にテントの中で寝るようにしましょう

そうすることで、犬も安心して眠ることができ、無駄吠えも防ぐことができます。

係留の場所は安全なところを選ぶ

キャンプ場では、どんなに開放的になっても、犬のノーリードは禁止です。

他にキャンプをしている人の迷惑になりますし、何よりも、犬自身にとっても危険です。

いろんなところで、火を使って料理をしている中、そこに犬が近づいてしまうと事故の原因になります。

また、勝手にウロウロ歩き回り、迷子にもなってしまいますね。

そういった、不必要な事故から犬を守るため、必ず犬にはリードが必要になります。

そして、係留の場所も大事になります。

料理をする火の近くは避けるようにし、係留には専用の道具を使い、しっかり固定しましょう。

犬は張り切ると力持ちになることを忘れないでくださいね。

犬との散歩を楽しむ

キャンプ場に来てウキウキするのは、犬だけではありません。

人間も相当ワクワクしだしますよね。

そしてついつい、犬を放ったらかしで、料理や自分たちの楽しいことに夢中になりがちです。

でも、そこにはあなたの最愛の犬がいることを忘れないでください。

犬もちゃんと楽しめるように、キャンプ場周辺の冒険散歩に出かけたり、一緒に楽しむようにしましょう。

意外と少ない?犬連れOKのキャンプ場

キャンプがフツフツと人気が出る中、キャンプといえば屋外だし、どこでも犬連れOK?と思いがちですが、実はそうでもないのです。

実際、キャンプ場を探し始めると、結構犬連れNGが多いことにびっくりします。

今回は、そんな少ない中でも、犬連れOKで楽しめる関東近郊のキャンプ場をご紹介いたします。

オートキャンプしあわせの丘リゾート

駐車場200台完備しているキャンプ場になります。

夏には子供用のプールも利用でき、家族プラス愛犬で楽しめます。

住所:千葉県勝浦市串浜1830

電話:0470-70-1126

ホームページ:オートキャンプしあわせの丘リゾート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です