【動物看護士が解説】犬が骨折した時の症状と応急処置、治療方法について


また、ピンやプレートなどを使用しているので、骨がくっついたのが確認できれば、再び麻酔をかけてそれらをとる処置も必要になります。

犬が骨折したときの費用

犬が骨折した時の費用は、その処置内容や骨折の状態によっても違ってきますが、動物病院によって大きな費用の差があります。

固定法

ギプスや副木をつかった固定で治療ができる場合であれば、比較的安く済みます。しかし、骨折となるとレントゲンの検査は必ず必要になります。また、定期的に通うことや、入院が必要な場合は費用がかさむ場合もあります。

具体的な費用は、1万円以下で収まる場合もありますし、高くても数万円程度で済む場合が多いです。

外科手術

外科手術を行う場合には、固定法よりも費用は高額になります。レントゲン検査に加えて、麻酔をかけるための血液検査などの術前検査や、手術代、また、病院によっては長期入院が必要であれば入院費もかかります。さらに、完治後の麻酔をかけての再処置なども含まれてきます。

具体的な費用は、安く設定している動物病院でも5万円前後~数十万円かかることが多いです。平均的な費用としては、10万円~30万円ほどで設定している動物病院が多いです。

犬を骨折させないために

犬が骨折してしまう原因はなんでしょう。

  • 激しい運動やけんか
  • 高さのある段差からの飛び降り
  • 高いところから落としてしまう
  • 家具や扉で挟んでしまう
  • 交通事故

などが、犬に多い骨折の原因です。これらの原因のほとんどは、飼い主さんが注意してふせぐことができる場合も多いです。愛犬を骨折させないために、飼い主さんが気を付けられることを挙げていきます。

散歩中やドッグランで目を離さない

散歩中やドッグランなどでのノーリードや他の犬がいる環境でのトラブルからくる骨折は多いです。リードをしっかりしていでも、好奇心旺盛な性格の子はつまずいたり挟んだりして骨折してしまうこともあります。また、ノーリードでの飛び出しによる交通事故での骨折や、ドッグランでの他の犬とのけんかや過度なじゃれあいによる骨折もあります。