キャバリアに服を着せたい。選び方のポイントと注意


キャバリアってどんな犬?

キャバリアの正式名は「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」といいます。
どこかの貴族の名前みたいですよね。

出身はイギリスになります。
この貴族のような長い名前も、その昔のイギリスの王様チャールズ二世があまりにもキャバリアを溺愛したことからきているといわれています。

おそらく、名前だけは聞いたことがあるという方も多いでしょうが、チワワやトイプードルのように、結構見かけるような犬種でもありません。

特徴は何といっても大きな垂れ耳ではないでしょうか。
そして大きな丸い目を持ちます。
大きさは体高が31〜33cm、体重は5〜8kgの小型犬です。

ダブルコートの被毛は、時にウェーブがかっている個体もいて、被毛の色は4種類あります。
性格は穏やかで、家族に対してすごく愛情深いです。
無駄吠えが少なく、友好的なのでとても飼いやすい犬です。

キャバリアにはどんな服をどんな時着せればいいの?

キャバリアにはどんな服が合うでしょうか。
まずは、キャバリアにどんな服を着せてあげたら、今以上に快適に過ごせるかを考えます。

ただかわいいからという理由で、デザイン重視で選んでしまうと、それはただの飼い主さんのエゴで服を着せることになってしまいます。

キャバリアの特徴を把握し、育つ環境にもよって着る服は様々変わってきます。

ダブルコートのキャバリアも冬は寒いです

キャバリアの被毛はダブルコートで、見てわかるとおり、豊かな被毛は本当に美しく、服を着せるのがもったいないと感じるくらいです。
そしておそらく、キャバリア自身他の南国出身の小型犬に比べたら、寒さにも強いでしょう。
でも、強い=寒くないわけではないのです。

年中温暖な環境にお住いの地域の方なら、さほど意識しなくてもいいかもしれませんが、寒い地方にお住いの方なら、冬の犬の散歩は服をぜひおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です