犬の柵の選び方とおすすめ商品6選


犬の柵が必要な理由とは?

犬の柵

~どんな種類があるの?~

◆ゲート

ゲートとは、主に室内で仕切りとして使うものです。

壁と壁の間の幅に合わせて固定するものから自立タイプ、突っ張りタイプなどがあります。

使い方は幅広くあり、玄関や階段、キッチン、間仕切り、ストーブなど危険なもののバリケードとしてなど多くの場面で活用できます。

◆サークル

サークルとは、ケージなどのように愛犬が安心して過ごせる場所遊べる場所などのいわゆる飼育スペースです。

サークルに入れておくことは、留守番の時やしつけにも効果的です。

◆フェンス

フェンスには、屋外や室内用があります。

飼育スペースや運動スペースとして、空間を仕切ることができます。

また、敷地の外に出てしまわないようにするためにもフェンスを取り付ける必要があります。

犬の柵が必要な理由①

~脱走の防止~

室内飼いでは、犬を放し飼いにしている飼い主さんが多いでしょう。

それでも、飼い主家族の外出時や来客時などで玄関のドアが開いた瞬間、脱走してしまうという可能性は否めません。

外飼いであれば、リードで繋いでおくだけでは行動範囲も狭くなってしまいますし、首輪が抜けてしまうと脱走の危険性もあります。

万が一犬が脱走してしまったら、子どもにケガをさせる可能性やご近所トラブルの原因にも繋がってしまうでしょう。

そうならないためには、柵を設置しておくことが必要です。

犬の柵が必要な理由②

~愛犬を危険から守る~

室内でも屋外でも、人にとっては何でもない場所が犬にとっては危険な場所になることがあります。

例えば、キッチンや階段、殺虫剤などが撒かれた花壇などには近づけたくないものです。

そんなときに柵を利用することで、愛犬が危険ゾーンに入れないようにすることで愛犬を危険から守ってあげることができます。

犬の柵が必要な理由③

~誤飲誤食の防止~

キッチンには、様々な食材や食品が保存されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です