犬の柵の選び方とおすすめ商品6選


よくありがちな「目を離した隙にキッチンに入って食料を食べてしまった」などの誤飲誤食を防ぐためにも、キッチンには入れないようゲートなどの柵をつけておいたり、犬の届く位置にある保存食などにバリケードとして柵を活用しましょう。

犬の柵 屋外編

犬の柵の選び方① <屋外編>

~子犬や小型犬のすり抜けに注意~

柵には様々なデザインのものがありますが、デザインによって柵と柵の隙間の広さも様々です。

子犬や小型犬の場合その隙間から脱走することも考えられますので、すり抜けられないよう隙間の間隔に注意して選ぶようにしましょう。

犬の柵の選び方② <屋外編>

~成長を考慮した高さのものを~

子犬の体の大きさに合わせて準備したものでは、生後1年が経つとすっかり体のサイズも大きく運動能力も成長してしまっています。

安易に「今の大きさでは飛び越えられないだろう」という考えで準備した柵では、成犬になると軽々と越えられるようになっていることもあります。

成犬時の大きさを考慮してある程度の高さの確保する必要があります。

また、犬種によってはジャンプ力に優れた犬種も多くいます。
例えば、プードルやグレイハウンドなどのサイトハウンド系、ジャックラッセルテリアなどが、ジャンプ力が高いと言われています。

ジャンプをして柵を越えられることがないように注意しなければなりません。

成犬時の体の大きさと運動能力を考慮して柵の高さを考慮して選ぶようにしましょう。

犬の柵 おすすめ商品①<屋外編>

~ドッグランネットセット~

お庭のスペースにドッグランスペースを作ることができるというネットタイプの柵です。

強度のあるパイプと、パイプに固定できるネットは、犬の穴掘りやネットまくれも防止してくれます。

万が一愛犬が飛び越えようとしてもネットタイプなので、ケガの心配も少なくなります。

商品ページ: 『ドッグランネットセット』

犬の柵 おすすめ商品②<屋外編>

~木製ペットフェンス~

木製なので家の外観を損ないにくく、置き型なので庭の作りに合わせて自由に仕切りを作ることができる柵です。

高さはあまりないので犬の大きさや犬種には注意が必要ですが、おしゃれで簡単な柵をお探しの方におすすめの商品です。

商品ページ: 『木製ペットフェンス』

犬の柵 おすすめ商品③<屋外編>

~カールソン アウトドアスーパーペットゲートエクストラトール~

特許取得のペットドアが付いたアウトドア専用のゲートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です