アニマルセラピー。犬が持つ魔法の癒し効果とは?


犬,アニマルセラピー

犬と人間の関係

犬と人間は、非常に古くから深い関係を持ってきました。

人間の「家畜」として、一番古い歴史を持つのも「犬」なのです。

犬と人間が一緒に暮らすようになったのは、1万~3万年前からだと言われていて、人の祖先であるクロマニオン人が既に犬を使って狩りを行っていたことが石器時代における犬の墳墓の存在から推測されています。

犬と人間の共通点と関係性

非常に古くから関りのあった犬と人間ですが、そうなったのは共通点があったからです。

犬の祖先であるオオカミと人間は、「狩りをする動物である」ことと「社会性を備えている」という共通点がありました。

オオカミは、群れで行動する社会性の高い動物で、人よりもはるかに優れた嗅覚と聴覚、早く走ることができました。

一方で人間も、集団生活をする動物で、犬とは違って道具を使うということができました。

そこでオオカミと人間が一緒に手を組むことなりました。

オオカミは家畜化されて犬となり、その能力を狩りで活かし獲物の臭いをかぎ分けて追いかける、人は道具を使って仕留めるという連携を図ってきました。

そうすることで、犬は安定した食事が与えられるようになり、人間は人間たちを襲おうとする肉食獣の襲来を察知して知らせてくれる犬のおかげで安心して眠ることができるようになりました。

まさに「winwin」の関係ですよね。

その後も犬はずっと、狩猟や牧羊犬、番犬などの作業犬として仕事を任されていましたが、今では警察犬・盲導犬・救助犬・セラピー犬などとしても活躍の場をどんどん広げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です