フレンチブルドックを守る室内環境とは?あなたの家の安全度チェック!


フレンチブルドッグの基本情報

フレンチブルドック

ペチャ顔の犬と言えば、パグ、シーズー、ボストンテリアなどたくさんいますが、忘れていけないのがフレンチブルドッグではないでしょうか。

見た目の可愛さももちろんですが、無駄吠えが少なくマイペースな平和主義犬なので、マンションや子供がいる家庭でも安心して飼うことができる、4本足の家族としては最高なパートナーになります。

フレンチブルドッグの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:8〜13kg以下
  • 体高:26〜31cm
  • 被毛:ダブルコート、短毛種(抜け毛が多い傾向)
  • 毛色:フォーン、パイド、ブリンドル、クリーム
  • 平均寿命:10〜14歳
  • 価格相場:20〜30万円

フレンチブルドッグの特徴は、体の大きさに対して頭が四角く大きいところにあります。

そんな体の特徴のため、フレンチブルドッグの出産はほとんど帝王切開になります。

たまにパグとフレンチブルドッグが間違えられることがありますが、最大の違いは、フレンチブルドッグの耳はコウモリ耳(バットイヤー)なことです。

また、パグは8kg以上になることは少ないのですが、フレンチブルドッグはそれ以上に成長します。

フレンチブルドッグの性格・気質

  • 平和主義
  • マイペース
  • 忍耐強い
  • 遊び大好き
  • 食べ物大好き
  • 家族が命
  • 寂しがり屋
  • 好奇心旺盛
  • デリケートで落ち込みやすい
フレンチブルドック

フレンチブルドッグは大変穏やかで、滅多に怒ることがありません。

無駄吠えも少ないのでとても飼いやすい犬種になります。

忍耐強いので、小さな子供にしつこく触られても怒るということなく、無言で立ち去ろうとする、大人な対応をできるのがフレンチブルドッグです。

のんびり常にゆっくり動くのかと思いきや、運動神経が良く、遊ぶのが大好きなので、大はしゃぎで興奮すると、手がつけられないほど激しく動き回ります。

家族が大好きで、常に誰かと一緒にいたがる甘えん坊の一面もあります。

フレンチブルドックを守る室内環境「室内飼い=安全ではない? 」

昔は犬といえば外で飼うのが一般的でしたが、近年は小型犬や寒暖の差に適応できない犬種をペットにする人が増え、室内で飼う人も多くなっています。

実際、室内飼いと外飼いを比べると、明らかに室内飼いされた犬の方が長生きするというデータがあります。

常に家族と一緒にいられる安心感から、外飼いよりストレスがかからないのと、そばで生活する分、スキンシップや会話をしやすいので、犬は常に満たされた環境で生活できます。

また、温度や湿度を調節できるだけでなく、外敵から守られる、衛生的等、室内飼いにはたくさんのメリットがある一方、室内だからこそ注意しなければならない点もあります。

室内には、フレンチブルドックにとって危険なものが意外と多くあります。

危険回避の方法をきちんと知っておくことで、愛犬が安全快適に過ごすことができます。

フレンチブルドック

フレンチブルドックを守る室内環境「室温やフローリングについて」

フレンチブルドックに適した室温・湿度

フレンチブルドックは暑さに弱く、寒さも苦手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です