フレンチブルドックを守る室内環境とは?あなたの家の安全度チェック!


犬は汗をかきにくく、肉球が少量の汗をかいたり、口呼吸で舌を出したりして自分の体温調整をします。

ただフレンチブルドッグのような短頭種はその呼吸をうまくすることができず、体温調整が大変苦手な犬種になります。

そのため、フレンチブルドッグが快適と感じる温度は20〜25度で、湿度は60%を超えてしまうと犬にとって不快な湿度になります。

エアコン等でしっかり調節してあげましょう。

暑い時は湿度にも十分注意が必要です。

ジメジメした環境では熱中症になりやすく、命に関わることになりかねません。

夏の暑い季節などに家族が留守にするときは、必ずエアコンは付けっ放しで出かけるようにしてください。

また寒い冬は、就寝するときに暖房を消すのであれば、フレンチブルドッグが寒くないように、ベッドに防寒グッズを利用したり、暖かい毛布を足してあげたりしましょう。

フレンチブルドックには負担?フローリングの床

フレンチブルドックは股関節等に疾患を起こしやすい犬種なので、滑りやすいフローリングの床での生活は負担がかかります。

転んで怪我をしたりしないように、滑り止めやカーペット等を敷くと良いでしょう。

カーペット等を敷いた場合はノミダニ対策のためにもこまめに掃除し、清潔に保つことも大切です。

フレンチブルドッグも人と同様、ハウスダストが原因でアレルギーを起こしたり、皮膚の状態が悪くなったりします。

また、フローリングの掃除のために、床拭きクリーナーを使う場合は注意が必要になります。

極力自然由来のクリーナーを使うことで、万が一フレンチブルドッグが床を舐めても心配ないように対策をしましょう。

フレンチブルドックのしつけや安心できる場所としてのサークル&ケージ

来客があった時等に、興奮したフレンチブルドックがはしゃぎ回ってケガをすることがあります。

こうしたトラブルを防ぐには、サークルやケージに入れると落ち着かせることができます。

危険回避だけでなく普段のしつけにも利用できるので、愛犬の安心できる場所として用意してあげましょう。

フレンチブルドッグを守る室内環境「観葉植物は安全OR危険!?」

室内に観葉植物があるだけで、パァッと家の中が明るくなり、どの植物を置くかで家の雰囲気も変わるので、こだわる人はあれこれこだわりがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です