犬がイカを食べてはダメ!というのは本当?


犬にイカはNGと言われるのはなぜ?

猫にイカを食べさせたら腰をぬかす」と言われているのを聞いたことはないでしょうか?同じように犬にもイカを食べさせたらいけないということをよく言われています。
実はこれには根拠があります。
まずイカは消化に悪いということです。
与えすぎると下痢や嘔吐の可能性があります。
イカを食べさせてはいけないという根拠は消化が悪いということだけではなく、チアミナーゼとという酵素が含まれていることによります。
チアミナーゼはビタミンB1の吸収を阻害してしまうのでビタミンB1欠乏症を起こしてしまいます。
ビタミンB1欠乏症は人間で言う「脚気」にあたり、手足のむくみ・しびれ、動悸、倦怠感、けいれん、ふらつきなどの症状が出ることがあります。
猫が腰を抜かすというのは、このためであり、猫と体の構造が似ている犬も同様であると言われています。

チアミナーゼが含まれているのは生のイカ(特に内臓)のみで、チアミナーゼは加熱することによって消失してしまいます。
加熱したイカを食べる限りではビタミンB1欠乏症は起こらないということになります。
しかし消化が悪いということは変わりませんので、大量に与えることは禁物です。

犬にイカを食べさせる時の注意点は?

イカには疲労回復に効果があるとタウリンが豊富に含まれていて、ビタミン、ミネラルも含まれている栄養的には優れた食べ物です。
ぜひ犬にも食べさせてあげたいですよね。
でも犬に与えるには、いくつかの注意点がありますので、それをしっかりと守るようにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です