犬は果物を食べても良い?犬が食べると危険な果物と犬の健康に良い果物


犬,果物,くだもの,フルーツ

犬に果物は必要?果物を与えるメリットとは?

犬は果物を食べても大丈夫?

結論から言うと、犬は果物を食べても大丈夫です。

ただし、果物の選び方や量、与え方に注意して食べさせてあげるようにしましょう。

果物の中には、犬が食べられるものと食べることで中毒を起こしてしまう危険な果物まであります。

犬に与えても良い果物であるか、しっかり下調べしてから与えるようにしましょう。

また果物には、野菜と同じように食物繊維を含んでいます。

犬は食物繊維を上手に消化することができない体の作りになっているため、与えすぎることで下痢や嘔吐の原因になってしまいます。

一方で、ビタミンなどの栄養成分も豊富に含まれているので、適切な量を与えることで犬の健康をサポートしてくれるでしょう。

犬に果物を与えるメリットとは?

犬に果物与えるメリットは、栄養価の高い果物を与えることで犬の健康をサポートすることができます。

果物と言えばビタミンCというイメージが強いですが、果物に含まれている栄養素はそれだけではありません。

種類によって抗酸化作用のあるβカロテンや利尿作用を促すカリウムなど、様々な栄養素が含まれています。

甘みのある果物は、犬のおやつにも最適です。

飼い主と一緒に食べることもできるので、コミュニケーションの一環としても役立ちそうですね。

犬が食べてはいけない果物

犬が食べてはいけない果物①

~ぶどう・マスカット~

意外に知られていませんが、犬はぶどうやマスカットを食べると中毒を起こすと言われています。

特に皮部分に中毒になりやすい成分が含まれています。

大量に摂取することで急性腎不全を起こし、最悪の場合死に至ることもある危険な果物です。

ぶどうを干したレーズンも同様、危険な食材です。

犬が食べてはいけない果物②

~いちじく~

いちじくには「ソラレン」「フィシン」という毒物性物質が含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です