どうしてそんなことするの?犬がうんちを食べる「食糞」とは?


子犬や母犬の食糞は自然な行為?

子犬が食糞をしてしまうのを見たことがある人は多いことでしょう。
これはある程度本能的な行動で、一過性のものであることが多いです。
子犬は何にでも好奇心旺盛です。
身近にあるものは何でも口にしてみて、どういうものかを確かめようとします。
それがたまたま自分のうんちであったとしても、食べて良いものか悪いものかは、まだわかりません。
臭いもかなり強いために、興味を持ってしまいます。

母犬もまた子犬のうんちを食べてしまいます。
これは本能的な行動で、子犬のうんちの臭いで子犬を狙ってくる動物たちから子犬たちを守る意味で行います。
また自分たちの巣をきれいにしておきたいという本能によっても食糞が行われます。
いずれの食糞行為も健康にはあまり影響はありませんが、便に寄生虫がいることも考えられます。
家で飼っている母犬や子犬の食糞行為が心配な場合は、排泄物を見つけたら、すぐに処分してしまうようにしましょう。

犬の食糞の理由とは?

子犬や母犬の本能的な食糞とは別に、いつまでも食糞をしていれば、何か問題があると考えたほうがいいでしょう。
犬が食糞をしてしまう原因にはいろいろなものがあります。
主な原因をいくつかあげてみましょう。

母犬のまね

子犬の時期に母犬が食糞をしているのを見ていると、まねをしてしまうことがあります。

飼い主に叱られたくない

トイレの失敗で叱られたことがある犬に考えられる行動です。
うんちをしてしまって叱られると思い、見つかる前に食べてしまおうとします。

飼い主が喜んでくれていると勘違い

食糞を目撃してしまった飼い主が騒いだことを「喜んでもらえている」と勘違いして、また喜んでもらおうとして食糞を繰り返してしまいます。

食事の量が足りない

食事の量が足りないと、空腹のあまり食糞をしてしまうことがあります。

ビタミン不足

ビタミンBやKが不足していると、それを補うために食糞をしてしまうことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です