マルチーズの子犬の食事は?与え方の注意


子犬のときは子犬用のドッグフード

ドッグフードは犬種によって分けられているものもありますが、年齢によって分けられているものもあります。

どんどん体が大きくなっていく幼犬の時期には、必ず子犬用のドッグフードを与えるようにしましょう。

粒も食べやすく小さくなっていて、栄養が豊富なフードが多いです。
マルチーズ専用のドッグフードもありますが、好き嫌いがあるかもしれませんので、小型犬の子犬用ドッグフードで大丈夫でしょう。

回数は少しずつ減らしていく

離乳したばかりの子犬はドライフードに慣れていないため、あまりたくさんの量を食べることができません。

家に迎えたばかりのときは、食事の回数を3~4回に分けてドライフードをお湯でふやかして少しずつ与えてみましょう。

4~6ヶ月頃からは1日2~3回にして、ドライフードもふやかさずに食べられるようなら、そのままで与えてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です