マルチーズの噛み癖にマズルコントロールは有効か?


マルチーズの噛み癖

マルチーズの噛み癖には原因がいくつかあります。
嫌なことを止めてほしいと威嚇で噛む、噛んだ時の飼い主のリアクションを楽しむために噛むなどの遊びの一環や、ストレスから噛むことで発散している場合などがあります。

言葉を話せない犬にとっては噛む行為はごく自然な行為で、一度ついてしまった噛み癖を直すことは決して簡単ではありませんが、正しい対処をすることで直すことができます。

マズルコントロールとは?

マズルコントロールとは、本来母犬が、子犬が悪いことをした時にマズルを噛むことでルールを教えるための手段です。
そうすることで服従することを教え、子犬を危険から守るために使っています。

口や鼻は大切な器官のため、犬にとっては本来マズルを抑えられることは嫌な行為です。
しかし主従関係を作るために、母犬を見習ったマズルコントロールを使う方法が用いられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です