マルチーズの無駄吠えの対策・対処法とは?


マルチーズの無駄吠え、どんな時に吠えるの?

犬が吠えるということは、言葉を話せない犬のコミュニケーション手段であり、本来であれば仕方のないことです。
しかし、無駄吠えは家族だけでなくご近所にも迷惑をかけてしまう行為となるので、無駄吠えしないようにしておく必要があります。

犬が吠える理由には、ストレス、不安、警戒、要求などの理由がありますが、マルチーズに特に多いのは要求吠え、警戒吠え、不安の順番で多いと言われています。
これはマルチーズの性格が関係しており、甘えん坊なことから構ってほしいと要求吠えすることや、警戒心の強さから警戒吠えをするようになります。

マルチーズの無駄吠えへの対策法とは?

それでは、マルチーズが無駄吠えする子にならないためにできる対策法にはどんなことがあるのでしょうか。
それは、子犬の頃のしつけが重要になってきます。
どういった理由から無駄吠えするのかに合わせて対策していきましょう。

今回は、マルチーズに多い要求、警戒、不安を取り上げていきます。

要求吠え

構ってほしいアピールとして吠えたり、要求が通るまで吠え続ける頑固さを持ったマルチーズ。
この要求吠えは甘やかし過ぎることで悪化させます。
愛情と甘やかすことは違うことだと飼い主自身がしっかり認識し甘やかし過ぎないようにしましょう。

警戒吠え

警戒心の強いマルチーズが、物音や知らない人や動物などに対し吠えます。
「知らない」ということが1番の吠える原因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です