マルチーズのトリミング~季節によっていろいろなスタイルを楽しもう!


マルチーズの基本情報

マルチーズ

マルチーズの誕生は紀元前1500年も前になります。

かなり古い歴史を持っているため、誕生秘話は定かではありません。

しかし、現在の小型犬の多くは、人の手によって交配を繰り返し小型化したのに対し、マルチーズは最初から小さい体を持っていたといわれます。

遠い昔から人々に愛されるためだけに存在し、今も変わらず人々に愛され続けています。

白く美しい被毛はシルクのようで、トリミングが必要な犬種ではありますが、その分いろんなスタイルにしてあげることができ、季節ごとにスタイルを変え、愛犬ライフを楽しむことができます。

マルチーズの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:2〜3kg
  • 体高:20〜25cm
  • 被毛:シングルコートの長毛種
  • 毛色:ホワイト(クリーム色やレモン色、ベージュ色が混じる場合あり)
  • 平均寿命:12〜15歳
  • 価格相場:10〜25万円(血統やスタンダードに近い容姿の場合それ以上の価格になることもあり)

マルチーズの特徴といえば、アンダーコートがないシングルコートになります。抜け毛が少ないので、アレルギー持ちの人でも飼いやすい犬種です。

ただし、抜け毛が少ない代わりに、定期的にトリミングをしてあげないと、被毛はどんどん伸びてしまいます。

そして、被毛自体が絹のように大変細いので、毎日ブラッシングをしてあげないと毛玉になってしまうので注意が必要です。

また、マルチーズ自体大変歴史が古い犬種になります。

血統が安定していることもあり、歴史の浅い小型犬に比べ、体の大きさにあまり個体差がありません。

マルチーズの性格・気質

  • 温厚でオス・メス関係なく優しい
  • 賢く物覚えが早い
  • 活発
  • 飼い主・家族が大好き
  • 時々嫉妬を見せる
  • 神経質
マルチーズ

マルチーズというと、高齢者でも飼える小型犬で、散歩があまり必要ないなんてイメージがあります。

確かにマルチーズは「ラップドッグ」といわれるくらい、人に抱っこされるのが大好きな個体が多いのは事実です。

ただ同時に、大変活発な一面もあり、小さい体で目一杯外を走り回ることが大好きだったりします。

そのため、そういった二面性があることをわかった上で、ちゃんと必要量運動させてあげることが大切になります。

またマルチーズは長い時間、人々に深く寄り添い愛されてきた犬種なので、人の気持ちを察することが大変上手です。

喜怒哀楽を一緒に共有してくれ、言葉こそ話しませんが、長く一緒にいることで、きちんと顔や体いっぱいで愛情を見せてくれます。

マルチーズのグルーミングとトリミング

マルチーズはトリミングが必須な犬種になります。

トリミングと同時に、グルーミングという言葉を聞いたことはないでしょうか?

トリミングもグルーミングも、どちらも全身のお手入れのこといいます。

それではどんな違いがあるかご紹介していきます。

マルチーズ

マルチーズのグルーミングとは

飼い主が自宅でもできる、基本的な全身のケアと、健康管理することをグルーミングといいます。

主なお手入れはつあります。

1.ブラッシングやコーミング

ブラッシング・コーミングは、マルチーズのグルーミングの基本になります。

マルチーズの細い被毛は、きちんとブラッシングしてあげないと、すぐに毛玉になってしまいます。

そのため、ブラッシング・コーミングは毎日行うようにしましょう。

また、ブラッシング・コーミングをすることにより、皮膚へのマッサージになり、血行が良くなる効果もあります。

そして全身をブラッシング・コーミングすることで、普段は被毛に覆われてわからなかった皮膚の異常に気づくこともできます。

2.シャンプー

マルチーズのシャンプーの目的は、皮膚と被毛を清潔に保つために必要になります。

マルチーズはそれほど体臭がきつい犬種ではないので、頻繁なシャンプーは必要ありません。

皮膚や被毛の状態を見ながら、2〜3週間に1回くらいのシャンプーが目安になります。

3.爪切り

マルチーズの爪は、定期的に切ってあげないとどんどん伸びていってしまい、伸びた爪が肉球に食い込んだり、骨格変形の原因になったりすることがあるので中が必要になります。

爪切りの頻度は、個体によって様々です。

外を歩くアクティブな個体であれば、歩くことで爪が削られます。

おとなしい個体であれば、爪が削られる度合いが低くなるので、頻繁な爪切りが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です