おしゃれ番長フレンチブルドッグ!!洋服の必要性とは?


フレンチブルドッグの洋服を着せる必要性とは?

犬に洋服を着せることに賛否両論はありますが、フレンチブルドックに洋服を着せることにはたくさんメリットがあります。
その理由を紹介していきます。

抜け毛が多い

フレンチブルドッグの抜け毛の多さは飼い主さんの共通の悩みでしょう。
フレンチブルドッグは短毛ですが、毛が二重構造に生えているダブルコートの犬種のため、毎日必ず掃除機をかけないといけないというほど抜け毛が多いです。
こまめなブラッシングをすることで抜け毛が床に散らばるのを減らすことはできますが、完ぺきではありません。
来客時など抜け毛が気になるお客様もいらっしゃるでしょう。

そんな時に洋服を着せることで、床に落ちる抜け毛を減らすことができます。
特に綿製の生地の洋服は、毛が絡みつくのでおすすめです。
カフェや公共施設などでは抜け毛対策のため洋服を着せることをルールにしている場合もあり、洋服を着せることはマナーでもあります。

暑さ対策

フレンチブルドッグやパグなどの鼻の短い短吻種は、鼻から肺までの距離が短いがために、夏場の熱い空気を鼻から吸って肺に達するまでに熱い空気を冷ましきれません。
そのため体温も上がりやすくなり、暑さにはとても弱く、フレンチブルドッグの暑さ対策は必須と言えます。

そんな時に洋服が活躍します。
夏なのに洋服?と思われる方もいるかと思いますが、冷感素材の洋服や、洋服を濡らして着せてあげることで体温の上昇を抑えることができます。
外出時には、直射日光を防ぐ効果もあるので、紫外線対策にもなります。

寒さ対策

フレンチブルドッグは、毛が二重構造のダブルコートではありますが短毛のため寒さには弱い犬種です。
温かい洋服を着せてあげて寒さ対策をしてあげましょう。

散歩中の体の汚れを防ぐ

フレンチブルドッグは皮膚が弱いことで気を遣っている飼い主さんは多いです。
皮膚疾患の予防のため体をキレイにしておく必要があります。

散歩では草むらに入ったり、ドッグランでは走り回ることで砂が体についたり体が汚れやすい機会が多いので、洋服を着せてあげることで汚れやアレルゲンの付着を防ぐことができます。

病気やケガ・術後に

フレンチブルドッグが皮膚疾患によってかゆみを伴う場合、患部を舐めたり噛んだりします。
時には炎症を起こすほど、舐め続けるなんてこともあります。

そんな時に、洋服を着せておけば患部を舐めるのを防ぐことができますし、薬を塗っている場合は薬を舐めとる心配もなくなります。

洋服を着せる必要性を見てみると、フレンチブルドッグに洋服は欠かせないものなのかもしれませんね。

洋服の着せ方と注意点

初めて洋服を着せる時は、おやつを使って着せてあげると洋服に慣れさせやすくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です